「オミクロン株」の影響による新型コロナウイルス感染急拡大を受けて

【「オミクロン株」の影響による新型コロナウイルス感染急拡大を受けて(学長メッセージ)】
(2022 年1月18日掲載)

現在、新型コロナウイルス感染症については、従来のウイルスよりも感染力が強いと言われている新型コロナウイルスの変異ウイルスである「オミクロン株」の影響により、全国的に感染者数の急激な拡大が続いています。

本学では、東京都からのまん延防止等重点措置が発出され次第、「日本女子大学・大学院の新型コロナウイルス感染拡大防止のための行動指針(BCP)」のステージを1から1.5に引き上げ、学内への入構における事前申請や、課外活動の活動について対応をお願いする予定です。
学生の皆さんには再び不自由な学園生活を強いることとなりますがご理解をいただき、状況がこれ以上の悪化することがないよう今一度、各自、感染防止対策の徹底に努めるようにしてください。

今後感染がさらに急速に拡大した場合、又は公的機関からの要請等があった際には、ステージを更に引き上げ、制限を強化せざるを得ない可能性があることもご理解ください。
なお、変更などはホームページ、JASMINE-Naviでお知らせしますので、必ず定期的に確認してください。

これまで同様、マスクの正しい着用、手洗い、うがい、三密の回避、換気といった基本的な感染対策を徹底し、体調不良時は外出や移動を控えてください。また、会食や懇親会等で長時間マスクを外す行動については慎むようにしてください。

各自が「うつらない」そして「うつさない」ための自覚ある行動により、感染防止策の徹底に努めましょう。

2022年1月18日
日本女子大学
学長 篠原 聡子