国際文化学部(仮称)

concept

世界を、時代を、自分を越える。

グローバル化が急速に進み、インターネットやSNSによって
世界中の人とつながることができるようになった現代。
その一方、私たちは既成の考え方や枠組み=「境界」に知らず知らずのうちにとらわれてしまいがちです。こうした境界は、世界の中に網の目のように張り巡らされているだけではなく、私たち自身の心の中にもあるのです。

今いるところとは違うところに身を置き、多様な文化や言語を実際に体験して学んだうえで、その「違うところ」で得た学びを発信する。こうして自分の殻を破っていく「越境力」こそが、これからは必要です。

人間や社会のまさに基盤をなす文化。日本女子大学国際文化学部は、国・言語・時代・ジェンダー格差といったさまざまな境界を越え、新たな文化を創造していくあなたのための学部です。

国際文化学部について

学長メッセージ

日本女子大学は、日本初の組織的な女子高等教育機関として創立し、本年120周年を迎えました。
文理融合の教育環境を有する私立女子総合大学に国際文化学部が開設されることで、地球的視点を持った新しい明日を共に創る大学に向けさらに飛躍します。
この不確実な時代において、既成概念に囚われず新たな視野を持ち、柔軟に発想する女性の活躍は不可欠です。生き抜く力を身につけ、社会を支え、国際社会とも共創する「人として」の成長を育む場であることを本学の目的としています。
その中で、国際文化学部(仮称)は、人文科学系では珍しい実践プログラムによる学修により、世界や日常に存在する見えない境界線を乗り越え、自分と向き合い、自ら新たな問いを立て、解決策を導く総合的な「越境力」を確実に育んでいきます。

日本女子大学学長 篠原 聡子