深い探求力と自由な発想力

理学研究科

深い探求力と自由な発想力

研究科委員長からのメッセージ

物質・生物機能科学専攻 林 久史 教授
物質・生物機能科学専攻
林 久史 教授

 理学研究科は、理学部の研究を高度化し、科学技術分野の女性人材を養成するために、1996年4月に設置されました。理学研究科は、自然科学が好きなあなたを歓迎します。

 自然界には「わかっている事」と「わかっていない事」があります。学部では「わかっている事」を勉強してきました。大学院では「わかっていない事」に挑みます。大学院での学びは、あなたがこれまで培ってきた知識や技術、考え方を自らの灯として、「未知」という暗夜を渉るようなものです。夜の暗さを憂えず、自分の灯を信じて歩んで下さい。

 「少にして学べば、壮にしてなす事あり。壮にして学べば、老いて衰えず」といいます。理学研究科の学びは、あなたの人生の基礎となり、そこで育まれる探究心は、生涯にわたってあなたを輝かせ続けることでしょう。

 あなたの人生をよく生きるために、理学研究科をご活用下さい。


理学研究科をもっと知る

理学研究科をもっと知る

理学研究科には数理・物性構造科学専攻と物質・生物機能科学専攻があります。前者には数理構造部門、数理・物質情報部門、構造物性部門があり、数学、情報、物理を基軸とした研究を行っています。後者には物質機能部門、細胞分子機能部門、生理分子機能部門があり、化学、生物を基軸として分子レベルまでの研究を行っています。いずれの部門でも基礎から最先端までの研究を行っており、社会に出た後に、論理的な思考法と確かな技術に基いて実践できるように学びます。学際的な時代に対応するために、二つの専攻間で専攻を越えた講義の受講、意見交換ができる環境を作っています。深い探求力と自由な発想力を身につけて、社会に踏み出して欲しいと思います。