深い探求力と自由な発想力

理学研究科

深い探求力と自由な発想力

研究科委員長からのメッセージ

数理・物性構造科学専攻 秋本 晃一 教授
数理・物性構造科学専攻
秋本 晃一 教授

理学研究科は、理学部の研究を高度化し、科学技術分野での女性人材を養成するために、1996年4月に設置されました。

科学・技術・工学・数学分野はSTEM分野(Science, Technology, Engineering, Mathematicsの略)と呼ばれていますが、これらの分野で活躍する女性が、諸外国に比べ日本は特に少ないと言われています。STEM分野で活躍する技術者、研究者の多くは大学院修了者です。その理由は、科学技術の進歩により、より高度な学問を学んだ大学院修了者が社会から求められるようになってきたからです。これまで理学研究科を修了した者は、STEM分野の技術者、研究者、教員として、広く社会で活躍しています。

理学研究科には、多彩な研究分野の教員がそろっています。STEM分野で活躍しようという志をもつ皆さん、ささやかではあっても一隅を照らそうという皆さんを、私たちは歓迎します。


理学研究科をもっと知る

理学研究科をもっと知る

理学研究科には数理・物性構造科学専攻と物質・生物機能科学専攻があります。前者には数理構造部門、数理・物質情報部門、構造物性部門があり、数学、情報、物理を基軸とした研究を行っています。後者には物質機能部門、細胞分子機能部門、生理分子機能部門があり、化学、生物を基軸として分子レベルまでの研究を行っています。いずれの部門でも基礎から最先端までの研究を行っており、社会に出た後に、論理的な思考法と確かな技術に基いて実践できるように学びます。学際的な時代に対応するために、二つの専攻間で専攻を越えた講義の受講、意見交換ができる環境を作っています。深い探求力と自由な発想力を身につけて、社会に踏み出して欲しいと思います。