イベント(講演会・公開講座)

10/22(土)開催

第4回JWU幼児教育・保育セミナー いま、幼年文学を考える-「聞くことのコップ」が満ちるまで-

日時 2022年10月22日(土)14:00~16:00
会場 日本女子大学 目白キャンパス 新泉山館1階大会議室
講演タイトル いま、幼年文学を考える-「聞くことのコップ」が満ちるまで-
プログラム概要 幼年文学は、絵本とはちがいます。絵本は、見開きの絵が語り(ことばは手助け)、ページをめくっていくことによって展開します。幼年文学にも、たくさん挿絵がありますが、もし、すべての絵を抜いてしまっても、本の形をしていなくても(巻紙に書かれていたとしても)読んだり読んであげたりできる、ことばだけで成立するのが幼年文学です。 ことばは本質的なものです。私たちは、ことばを積み上げるようにし考えますし、「きょうは暑いな」とことばで思ったときに暑さを感じるなら、感じることも「ことば越し」なのかもしれません。つまり、ことばは、自分を作っているものですから、幼い子どもたちが、ことばを豊かにすることの大切さはいうまでもないことになります。それなら、子どもたちにどんな作品を、どのように手渡すか。日本の児童文学の歴史も踏まえながら、考えていきたいと思います。
講師 宮川健郎
主催 児童学科
参加対象者 どなたでもご参加いただけます。
定員:70名(事前申し込み先着順)
参加費 無料
お申込み方法 下記のメールでお申込みをお願いいたします。

(一社)日本女子大学教育文化振興桜楓会 公益事業部門
学術支援担当 
お申込み専用メール:gakujutsu@atlas.jwu.ac.jp

メールの件名に、「10月22日講演会申し込み」
本文に、①氏名、②所属(園・施設名、学校名等)、③参加人数、④メールアドレスをご記入の上お申し込みください。

※期限:10月17日(月)まで
お問合せ先 児童学科

お問い合わせ専用メール:child@fc.jwu.ac.jp