キャンパスの入構・施設利用・事務窓口について

キャンパスの入構(2022年3月22日更新)

「新型コロナウイルス感染症拡大防止のための日本女子大学・大学院の行動指針(BCP)」は現在、ステージ1です。入構に際して事前の申請は不要です。
なお、学生は必ず学生証を提示して入構してください。教職員及び学生以外の来校者は、警備員室で所定の入構手続きを行ってください。
引き続き、健康状態記録表に体温を記録して携行し、入構中はマスク等を着用してください。

キャリア支援課とカウンセリングセンターを利用する場合は、以下に記載のとおり別途予約が必要です。「図書館、施設等の利用」のページを確認してください。
また、日・祝日にやむを得ない事情で入構を希望する場合は、担当教員に相談してください。

【感染予防について】(2022年3月22日)

本学では、感染予防のため、以下の対策を講じています。

  1. 日本女子大学・大学院の行動指針に基づき、入構制限を行っています。
  2. 入構の際は、原則として全員にマスクの着用をお願いしています。また、体調不調の方の入構自粛をお願いしています。
  3. 建物の各入口に、手指消毒用のアルコール消毒液を設置しています。
  4. 文部科学省及び東京都の要請に従い、通常清掃に加えて消毒を行っています。
  5. 飛沫防止のため、学生食堂・食事スペース及び事務室窓口等に飛沫防止パネルやビニールシートを設置しています。
  6. 物の機械換気の他、窓や出入り口の開放など、建物内の換気を確保しています。

学生の皆さん及び本学に来校する方は、以下の感染拡大防止へのご協力をお願いいたします。

  1. 毎日検温し、「健康状態記録表」に記録のうえ、入構の際は同記録表を携行してください。
  2. 入構中は、不織布マスク着用を推奨します。
  3. 石鹸による手洗い・咳エチケットを励行してください。
  4. キャンパス内外に関わらず、3密(密接・密集・密閉)を避けてください。
  5. キャンパスでの不要な滞在はせず、用事が終わったら速やかに帰宅してください。

事務窓口

キャンパスの入構制限に対応し、事務窓口について以下のとおりとします。(2021年4月12日更新)

お問い合わせについては、下記に記載の連絡先にメールにてご連絡ください。