地域との連携

地域との連携

文京区との連携

目白キャンパスのある文京区と「相互協力に関する協定」(2006年)を結び、本学の「生涯学習センター」で「文京アカデミア講座」や子ども科学カレッジ等の公開講座を通じて学術研究の成果を提供しています。また、2012年に「災害時における母子救護所の提供に関する協定」を締結し、災害時における妊産婦及び乳児の受け入れ及び支援活動等の協力体制を整備しています。

川崎市との連携

「多摩区・3大学連携事業」(2005年)を結び、川崎市多摩区内にある明治大学・専修大学とともに、毎年共通の課題に各大学が独自の取り組みを行って、年度末にはフェアを開催して活動内容を公開しています。「3大学コンサート」「多摩区民祭」等の地域行事への参加のほか、「学校教育ボランティアサポート事業」を展開し、本学人間社会学部の学生が多摩区内の小・中学校で指導補助を行っています。
さらに「学校法人日本女子大学と川崎市との連携・協力に関する基本協定書」(2011年)を締結、双方のもつ人的資源、物的資源、知的資源を相互に活用することにより、地域社会、研究、教育、産業の振興に貢献いたします。具体的には、2006年8月から始まった学校教育ボランティア 学校サポート事業を川崎市内に拡大し、さらに初年度からの実践教育活動として、2011年度後期から学校インターンシップ事業が実施されています。

板橋区教育委員会との事業連携

2014年4月11日(金)午後、学校法人日本女子大学と板橋区教育委員会(橋本正彦教育長)は「学術研究の発展と教育施策の充実のため、相互の協力により包括的な事業連携を実施する」協定を締結しました。
同教育委員会で実施する研修・研究会などへの本学教員の派遣や、本学大学院生のインターンシップ実習、さらに学生をボランティアとして学校現場に派遣するなど、教育委員会・学校・大学との幅広い連携や交流が始まります。

北海道日高管内7町・日高町村会・日高振興局との連携

2021年8月2日(月)午後、日本女子大学と北海道日高管内7町(日高町・平取町・新冠町・新ひだか町・浦河町・様似町・えりも町)、日高町村会及び北海道日高振興局は、「相互協力に関する協定書」締結式をオンラインで実施しました。本学にとって遠方の自治体との協定締結は初めての試みとなります。

【協定の目的】
女子総合大学としての多様な教育・研究領域を持つ本学と、自然豊かで人情あふれる日高地方が包括的な連携に取り組むことにより、地域社会、研究、教育、産業の振興に貢献することを目的としています。
具体的には、まずは課題解決型の授業で日高地方の地域課題等を取り上げ、自治体関係者の方と共に考察するなど教育面での連携を図ることとしています。また、研究の分野でも連携を図る予定です。更に、本学の生涯学習センターの遠隔講座の案内、学生のインターンシップ受入等、多様な形で連携を深めていきます。

【締結の背景について】
本学キャンパスの立地自治体である文京区とは、2006年に包括的な連携協定を締結しており、以来、文京区が毎年開催する区内の中小企業、産業団体などが一堂に会する「文京博覧会」通称“ぶんぱく” において本学も研究に関するパネルなどを展示し、参加をしております。
一方、日高町村会は、地方創生の主要施策の一つに位置づけられている地域間連携の一環で文京区と連携、”ぶんぱく”にて産業水産物などの販売をなさり、ここでの本学との出会いがきっかけとなり、このたび双方で連携を深める運びとなりました。