日本学生支援機構奨学金手続について

日本学生支援機構奨学金(貸与・給付(授業料減免含む))

新規申込について(新規申込者対象)

新規申込希望者は、申込説明会(4月オリエンテーション期間)に申込者本人が必ず出席する必要があります。会場等の詳細は、本学ポータルサイトJASMINE-Naviおよび学内掲示等でお知らせします。
秋の二次募集(給付奨学金)については、日本学生支援機構から連絡があり次第、ご案内いたします(例年9月頃)。

年度途中で家計急変等により緊急に奨学金が必要となったときには随時申込が可能です。早めに学生支援課へご相談ください。

採用候補者(予約採用者)向けの説明会について

高等学校在学中に採用が決定している方は、「採用候補者決定通知」を持参のうえ、採用候補者(予約採用者)向けの説明会に出席する必要があります。
会場等の詳細は、入学の手引きを確認してください。

採用後の手続き等について

奨学生として採用後、奨学金の貸与を受けている間は様々な手続きが義務づけられています。
説明会の開催日時や提出期間等が定められているものも多数ありますので、詳細は本学ポータルサイトJASMINE-Naviおよび学内掲示等で常に確認し、見落としのないように心がけましょう。

<異動事項の届出>

下記の異動事項が生じたときには、奨学生は速やかに学生支援課奨学金係へ申し出てください。
(学生証・印鑑持参で学生支援課窓口へ)

  • 改姓、住所変更、電話番号(携帯電話を含む)の変更
  • 学籍の異動(休学、留学、転学科、退学等)
  • 連帯保証人・保証人の変更・転居
  • 振込口座変更
  • 奨学金の辞退、貸与月額の変更

在学中の返還猶予について(前在学校等で奨学金を受けていた方対象)

時期 内容 対象 説明
4月 在学届の提出 ・留年(卒業延期)の方
・前在学校等で日本学生支援機構
奨学金を受けたことがある方
届出により在学期間中は返還が
猶予されます。
学生証持参の上、学生支援課窓口へ
提出してください。

※スカラネット・パーソナルで届出を希望する方は、学生支援課にご相談ください。

貸与の奨学金に関する注意事項

「借りる奨学金」は特に責任を持って

貸与の奨学金は、卒業後必ず返還しなければなりません。
奨学金を借りるあなた自身との個人契約になります。
「借りたら返す」という自覚と責任を持ち、また、決められた手続きを果たさなければいけません。借りる貸与額は必要最低限の金額にしましょう。
奨学金はご自身の将来計画を考えて、有効に利用してください。