外国語で発信!私の学生生活

英語

たかが4年、されど4年

人間社会学部教育学科3年K.K.さん

 

It’s only four years, but a valuable four years

I enrolled in Japan Women’s University in 2020 and my school life started with Covid-19. In my first year, I couldn’t go to school even once because of the pandemic. So, school life was far from what I had imagined. I felt that my time staying at home would be endless, so I thought it was a good chance to think about what I wanted to do at university and that led me to a decision of what I should do.

What do people think about university students? I think we actually have a lot of time. Therefore, I feel a successful school life is based on your decision of what you want to achieve in your four years of university. Thus, before I become a working adult, in university I wanted to continue to play the musical instrument I enjoy, the flute, and to make an effort to become a teacher like the ones that I admire.

I am learning education to get an elementary school teacher’s license. I am learning how to teach not only Japanese and math, but also music and P.E. Sometimes it’s hard to write teaching plans and demo lessons, but I have friends in the program and we can help each other to achieve the same goal. The teachers are kind and they share interesting ideas with me, and one performs on the musical instrument that he is good at. They are all rich in personality, so I like them. Now, I go to an elementary school as a volunteer to learn about teaching firsthand.

I have been playing the flute since I was an elementary school student. I belonged to the orchestra club in high school, and I started to play classical music. I wanted to belong to the orchestra club at university, but I lost the opportunity to join the orchestra because of Covid-19. So, I decided to join the amateur orchestra. It is so much fun to learn from classical music and their composers, and to practice hard with members of the orchestra. So, it is the life I chose!

I think school life at university feels long, but it is really a short time. We ought to face our 4 years seriously so as not to waste time and have regrets in the future.

たかが4年、されど4年

 私は2020年の春に入学し、コロナと同時に大学生活がスタートしました。1年目は一度もキャンパスに通うことができず、思い描いていた学生生活とは、ほど遠かったのです。コロナ禍の自粛では、有限なはずの時間が無限のように感じました。そんな中、自分のやりたいことは何なのか考えるようになり、その思いが私の学生生活における選択に繋がりました。みなさんは、大学生にどのようなイメージを持っていますか?私は、自由な時間が多いと考えます。それゆえ、自分の選択によって学生生活が左右されるとも思うのです。社会人になる前の最後の時間に、私は大好きな音楽を続けることと憧れの存在である先生になるための努力をしたいと思いました。
 私は小学校教員の免許を取得するために教育学科で学んでいます。小学校免許のため、国語や算数はもちろん音楽など技能教科の指導法も学びます。指導案や模擬授業に追われ、大変なこともありますが、同じ目標に向かって支え合える仲間がいるため一緒に乗り越えられます。学科の先生方も優しく、面白いことを言ってくださったり、得意な楽器を演奏していたりと、個性豊かで私は好きです。先生になるためには現場を知ることも大切なため、毎週小学校にボランティアとして通っています。
 そして、小学校の部活で始めたフルートを今も吹いています。高校からはオーケストラ部に入り、クラシック音楽に触れるようになりました。大学でもオケを続けたいと思っていましたが、コロナで入る機会を失ってしまい、地元のアマチュアオケに入団しました。曲や作曲家から学ぶこと、団員と認め合い本番に向かってひたすら練習することが楽しくて、私の生きがいです。
 大学生活の4年間は、長いようであっという間です。未来に後悔しないために、今と真剣に向き合い選択していく必要があるのだと思います。