外国語で発信!私の学生生活

英語

サークル活動での経験

人間社会学部現代社会学科2年S.R.さん

My Experience at the History Club

 I am a sophomore in university and belong to the history club. In this club, each member makes a presentation about the background of their field of interest at a weekly online meeting. I joined this club because of the history class I took last year. The class was very interesting, and I wanted to study more. When I was in high school, I did not like studying history because it was all about memorizing events and dates. The history club in university seemed to have an easygoing atmosphere, so I thought I could enjoy it. However, in fact, most of the club members were knowledgeable about history, and I sometimes could not keep up with their conversations.
 Then, my turn to make a presentation came up. I borrowed some books from the library and read them, but they were difficult for me. Preparation for the presentation was very hard, but I tried my best because making a presentation was required for all members of the club.
 On the day of my presentation. I was nervous but managed to finish it. After that, the members commented on my presentation. I expected that they would point out my faults. However, their reaction was unexpected. They said such nice things as, “I learned a lot. It was interesting” and “It was good, so be confident!” I was glad and felt relieved to hear those comments. I still do not have much knowledge about history, but this experience made me think that I want to learn more about it.


サークル活動での経験

 私は大学2年生で歴史サークルに所属している。このサークルでは、毎週行われるオンラインでの部会で、各々が興味のある分野について調べて発表をする。私はこのサークルには1年生の時に受けた歴史の授業がきっかけで入った。その授業はとても面白く、もっと勉強してみたいと思ったのだ。しかし、私は高校生の時まで、歴史はどちらかというと苦手科目だった。歴史上の出来事や年号を覚えるのが苦手だったのだ。このサークルはゆるい雰囲気で、こんな私でもついていけるだろうと思った。しかし、蓋を開けてみるとメンバーは歴史について知識が豊富な人ばかりで、私は時々会話についていけないこともあった。
 そんな中で、私も発表を行うことになった。図書館に行って本を借りて読んだが、どれも私にとっては難しかった。発表の準備はとても大変だったが、これはサークルのメンバーなら避けて通れないことであるから、出来る限りのことを一生懸命やって準備を進めていった。
 そして、発表の日が来た。とても緊張していたが、なんとか無事終えることができた。発表の後にメンバーからコメントを言ってもらうことになっている。いろいろとダメだしをされるだろうと思っていたが、彼らの反応は意外なものだった。「勉強になりました。面白かったです。」や「良かったですから自信持ってください」など嬉しいことをたくさん言ってくれた。嬉しく感じると同時にホッとした。私はまだまだ歴史について知識が浅い。だけど今回のこの経験はさらにもっと勉強してみたいと思えるきっかけになった。