外国語で発信!私の学生生活

英語

ニューヨーク留学体験記

人間社会学部文化学科4年N.Y.さん

My Experience of Studying in New York

 When I was a second-year college student, I took a leave of absence from school and went to New York to study.
 I went to a local language school and studied English with classmates whose ages, nationalities and cultures were all different. At school, most of the classes were discussion style which I rarely experienced in Japan. I realized how few opinions I had through those classes. Since then, I worked on participating in the discussions more actively because I learned that there was nothing wrong with having a unique opinion which is different from the majority.
 On weekends, I visited toured art museums and went to see musicals. I led a fulfilling life there as I was surrounded by trendy fashion and arts that I love. However, I also encountered many homeless people, and this was shocking because I had never seen so many homeless people in my life. Since I saw them with my own eyes, I became interested in poverty in the USA, and I decided to study more about it.
 Before studying abroad, I actually lost purpose of going to university. I thought that the department I entered was the best place that I belonged to because I could learn anything. However, because of a variety of choices of study, I couldn’t figure out what my focus could be. Thus, I decided to study abroad to discover myself and spent 6 months in New York. I was lucky that I was able to come back before covid-19 issues became more serious. Now back in Japan, I am carrying on my research about homeless in the USA.

ニューヨーク留学体験記

 大学2年次に、半年間休学してニューヨークへ留学した。短い期間だがとても充実した時間を過ごすことができ、語学力向上に加え“自分探し”もできた。
 現地の語学学校では、世代・国籍・文化が異なる友人たちと日々英語の勉強に勤しんだ。日本であまり経験してこなかったディスカッション形式の授業が多く、いかに自分が物事に対して意見を持たずに暮らしているかということを痛感した。さらに、大多数と異なる意見を持ったとしても決してそれは悪い事ではないことを学び、積極的に話し合う姿勢を養うことができた。
 また、休日には美術館を巡ったり、ブロードウェイでミュージカルを観劇したり、ホストファミリーに料理を教えてもらうこともあった。自分の好きなファッションや芸術に触れることができて現地での生活は活気に溢れ、先進的でスピード感あるものだった。しかし一方で、考えてもみなかった大勢のホームレスの人達の存在を知った。そのような貧富の差を目の当たりにしたことから、アメリカの貧困に興味を持ち、私が学びたいことはこれだと思った。
 実は、留学する前自分が大学で学びたいことが分からなくなり悩んでいた。文化学科は、自身の興味のあることをなんでも学べる大変魅力的な学科で、私にとって属するには最適な場所だと感じていた。だが、興味があることと、学べる選択肢がありすぎて、大学で一番学びたいことの軸を見失っていた。そこで“自分探し”のために、大学を休学して留学する決断をしたのだった。当初は1年間の留学の予定だったが、貧富の差を目の当たりにしたことと、学びたいことが明確になりしっかり学業を修めたいと強く思い半年で帰国した。運よく、コロナ禍の前に帰国して、現在はアメリカのホームレスについて、卒業研究を進めている。