外国語で発信!私の学生生活

英語

ダンスから得たもの

文学部英文学科1年K.M.さん

What I Learned from Dance

 I had started taking classical ballet lessons when I was three. In the fourth grade of elementary school, I started learning hip-hop dance, and in high school, I belonged to a rhythmic gymnastics club. As I love dancing, I joined a jazz dance circle at the university. While I’ve been dancing in various genres, all of them were very different in how to use the body, so it was difficult to move to each atmosphere. However, this experience has been useful for me because jazz dance needs not only supple movements like ballet, but also acrobatics moves like rhythmic gymnastics, or hip-hop dance.
 I practice a couple of days a week for events, such as live performances and joint practice. The other day, I had an opportunity to perform at a university dance event. Affected by COVID-19, the number of participating circles was small, but I got a lot of stimuli from the performance of others. I was also able to spend a fulfilling time. In addition, I realized the power of dancing to cheer people again. Smiles of dancers and their expressive dance make audience happy and energized. Honestly, it is harder than I imagined to balance circle activities, academic or part-time jobs. Nonetheless, the joy of building wonderful relationships with my peers thorough dance and the pleasure of dancing in public are why I continue.
 I appreciate my parents for letting me do what I like in such a blessed environment. Without forgetting this feeling, I’d like to make the most of my university life.

ダンスから得たもの

私は、母の勧めがきっかけで3歳の頃からクラシックバレエを習っていました。小学4年生になると、ヒップホップダンスを始め、高校では新体操部に入りました。このように、踊ることが大好きな私は大学でジャズダンスサークルに入りました。高校生までの間に様々なジャンルを踊ってきましたが、どれも体の使い方が大きく異なるので、それぞれの雰囲気に合わせて踊るのはとても難しかったです。しかし、この経験が今の私にとってはとても強い武器になっています。なぜなら、ジャズダンスはバレエのようなしなやかな動きだけでなく、新体操のようなアクロバット、ヒップホップのようなキレのある動きもすることがあるからです。
現在は、ライブや他のダンスサークルとの合同練習など、様々なイベントに向けて週に2、3日ほど活動しています。先日、このサークルに入ってから初めて演技を発表する機会がありました。新型コロナウイルスの影響を受け、参加したサークルの数は例年よりかなり減りましたが、他サークルの息の揃った演技からたくさんの刺激をもらい、充実した時間を過ごすことができました。また、改めてダンスが持つ「人を元気づける力」を実感しました。表現力豊かなダンスやダンサーの笑顔を見ると、観客まで楽しい気持ちになり、その人の活力に繋がります。正直、学業やアルバイトなどとサークル活動を両立するのは想像以上に大変なことでした。1つも疎かにすることなく全てをこなすのは、時間の使い方を考えて生活しなければいけません。しかし、ダンスを通して仲間と素晴らしい関係を築けることの喜びや、人前で踊ることの楽しさは私にこれからもダンスを続けようと思わせてくれます。
このような恵まれた環境で自分が好きなことに熱中できているのは、母がバレエに出会うきっかけをくれたことや、家族の支えがあるからです。感謝の気持ちを忘れず、何事にも全力で取り組む、最高の大学生活を送りたいです。