トランスジェンダー学生(女性)の受け入れについて

トランスジェンダー学生(女性)の受け入れについて

日本女子大学では、2020年3月の理事会にて、2024年度4月入学者よりトランスジェンダー学生(女性)に受験資格を認めるという決定をし、2020年6月に学長名で学内外に告知いたしました。決定の時点で4年間の準備期間を用意したのは、学内外の様々なご意見を踏まえて十分な対話の時間を取ること、また諸種の準備を十分に行うことを想定したためです。

いわゆるセクシャルマイノリティとくくられた特定の人々の課題ではなく、多様な性を生きる私たちすべての課題ととらえ、真摯に向き合うとき、女子大学としての本学の使命はさらに更新されていくものと思います。

なお、ダイバーシティという用語そのものは、ありとあらゆる側面における多様性の尊重を意味しております。従って、本委員会はいずれ障がい学生支援委員会等との統合も射程にいれつつ、当面はトランスジェンダー学生(女性)と共に学ぶ体制に焦点化して取り組んでまいります。

日本女子大学ダイバーシティ委員会