2022年度 実施報告

2022年度 日本女子大学学生イベントコンテスト 実施報告

2022年度は、「ラーニング・コモンズの可能性をひらく」をテーマに、
学生が自ら企画、実施するイベントを募集しました。

採択イベント

応募団体の中から3団体のイベントが採択されました。

  • 国際協力を身近に感じてみよう
  • IZUMI PICNIC ~未来と過去をつなぐ居場所の創出~
  • 翻訳スタジオWeb制作プロジェクト報告会

開催された各イベントについて紹介

それぞれの団体が趣向を凝らし、ご来場の皆様に楽しんでいただけるイベントを企画、実施しました。当日は、学生、教職員、卒業生の皆様にご参加いただきました。

※同日開催として、日本女子大学・(一社)日本女子大学教育文化振興桜楓会共催のホームカミングデーが開催されました。

■国際協力を身近に感じてみよう

<開催日時及び場所>
10月8日(土)13時~14時30分
百二十年館地下 1 階 JWU ラーニング・コモンズかえで

<団体名>
一般社団法人 STUDY FOR TWO 日本女子大学支部

STUDY FOR TWOは、「勉強したいと願うすべての子どもたちが勉強できる世界に」「FORME 、FORTWO のボランティアが身近になる世界に」という理念のもと、途上国の子どもたちの教育支援のための寄付を行ってい る団体です 。
在学生に使わなくなった教科書を寄付していただき、それを学内の別の学生に再販売、その利益の8割以上が寄付金になっています。

多くの皆様に、国際協力や途上国の存在を身近に感じていただ き、関心を持っていただきたいという気持ちから、イベントを企画しました。
STUDY FOR TWO が支援する国(ネパール、タンザニア 等 )についてのクイズ や 支援先を含む後発開発途上国の国名がマス目に書かれているビンゴの後、支援先である途上国を訪問した方による講演会が行われました。

クイズ「ラオスの女子の識字率は?」
クイズやビンゴをとおして、支援先の国について、楽しく学ぶことができました。難しいクイズもありましたが全問正解者がいて、大いに盛り上がりました。
講演会
ラオスを訪問した経験のあるお二人から、教育現場の様子、子どもたちの置かれている現状を伺いました。
展示コーナー
支援先の国について、写真を見ながら理解を深めていただきました。
イベント企画学生
準備の段階から当日の飾りつけ、進行も頑張りました。
これからも途上国の子どもたちの教育支援のため、活動を続けます。

■IZUMI PICNIC ~未来と過去をつなぐ居場所の創出

<開催日時及び場所>
10月8日(土)9時~15時30分
泉プロムナード・ 百年館高層棟 1 階ロビー
<団体名>
住居学科学生有志

住居学科学生としての視点で、身近な暮らしと環境を見つめ直し、学内の環境についての疑問 を 調査・研究 する活動をしています。学内にある空間を活用するきっかけにしたいという気持ちから、イベントを企画しました。
泉プロムナード (芝生)を学生のためのスペースとして捉え、ピクニックをするような体験を提供するとともに、それぞれの方にとっての「居場所」を創りました。持続的な資源の活用という観点も取り入れた取り組みです。

パネル展示(百年館高層棟 1 階ロビー)
普段あまり使われていない芝生に「拠り所」になる場所を作りたい 、屋外の心地よい休憩スペースを作りたい等、IZUMI PICNICができあがるまでの検討過程を展示しました。
IZUMI PICNIC
太陽の光を浴びながら、おしゃべりをしたり、お昼を食べたり、皆様に「 開放的な空間 」「屋外」「緑」を体験していただきました。
百年館高層棟12階から見た IZUMI PICNIC
被服学科で不要になった布や住居学科の授業で使用している椅子などを用いて、芝生に「拠り所」を作りました。ここは以前、日本女子大学のシンボル的な建物「泉山館」があった場所です。過去に思いを馳せながら、ゆったりとした時間を過ごした卒業生もいらっしゃいました。
イベント企画学生と篠原聡子学長(中央)
皆様に居心地の良い場所と癒しの時間を提供することができました。

■翻訳スタジオ Web 制作プロジェクト報告会

<開催日時及び場所>
10月8日(土)13時~
青蘭館
<団体名>
文化学科田中ゼミ

「翻訳スタジオ」とは、英語で書かれた文学作品を翻訳する活動です。「翻訳スタジオ」では翻訳した作品を 様々な年代の方に見ていただくため、作品を公開するWebサイトの制作にも取り組んでいます。 制作にあたっては、プログラミングやコーディングを全て英語で学ぶ 「 Code Camp 」 という学習プログラムを受講しました。この活動を知っていただき、完成したWebサイトを多くの方に見ていただきたいという気持ちから、イベントを企画しました。

アメリカ人作家ケイト・ショパンの作品を翻訳
直訳ではなく、時代背景等を含め、自分たちなりの言葉で翻訳しています。
報告会
翻訳した作品をWebサイトで公開する準備を進める中での学びについて報告しました。
Webサイト全体でケイト・ショパンの作品の世界観を表現することを目指しています。
2回目の報告会
報告会に遅れてご来場いただいた方々がいらしたので、2回目の報告会を実施しました。
ノートパソコンで資料を ご覧いただきながらの説明です。

現在Webサイトを制作中です。完成しましたら、こちらのページでご紹介します。

☆各団体の当日の様子は、「トピックス」でも紹介しています。