資格・キャリアパス

修了生の活躍

前期課程の修了生は、中学高校の教員、メーカー(電気、電子、自動車、光学、精密機器、機械など)、情報通信、シンクタンクなどの民間企業、大学院後期/博士課程への進学などの進路を選択しています。特に民間企業のほとんどが大手企業であり、学部卒業に比べて専門を生かした業種に就職する割合が高い傾向があります。後期課程の修了生は、大学教員などとして活躍しています。

キャリアパスの例

  • 博士課程前期修了 → 公立高校教員(数学)
  • 博士課程前期修了 → 都立高校教員(理科・物理)
  • 博士課程前期修了 → 大手電気メーカー
  • 博士課程前期修了 → 大手自動車メーカー
  • 博士課程前期修了 → 大手通信事業者
  • 博士課程前期修了 → 大手システムインテグレーター
  • 博士課程前期修了 → 大手証券会社
  • 博士課程前期修了 → 国立大学大学院(博士課程) → 他大学 教員 → 現在、本学准教授
  • 博士課程後期修了 → 国立大学助手、民間企業研究員、海外大学研究員 → 現在、本学教授

終了後の主な進路

日立製作所、東芝、日本電気、日産自動車、三菱自動車、キヤノン、カシオ計算機、小松製作所、日本電信電話、NTT コミュニケーションズ、NTT データ、日本総合研究所、野村総合研究所、中学教員、高校教員、後期課程/博士課程進学(日本女子大学大学院、早稲田大学大学院)