外国語で発信!私の学生生活

日本語

春からの生活

人間社会学部教育学科2年Y.J.さん

春からの生活

 「歩歩是道場」という禅語がある。現状に甘んじることなく、ある信念を持って前向きに行動する。心がけ次第で日常のすべてが自分を鍛える修行の場となり、生涯修行し続けることになるのだ。だから、日々の生活もある種の修行だと考えられるだろう。
 春は植物にとって、成長著しい大事な季節だ。私も春になって「自分を変えたい」と強く思うようになった。この1年は自分を変えるにはいい時期だと思う。
 春から学生寮に引っ越しをした。対面授業も始まった。そしてアルバイトも始めている。こうした経験がこれからの自分を変えていくだろうと感じる。
 最近の、私のアルバイトの経験について話を続けていこう。私はとても暖かい雰囲気の中華カフェで働いている。これは私にとってほとんど初めてといっていい仕事だ。私はここで必要とされていると感じているので、とても幸運だ。なぜなら、私はこの店で様々なアイデアを提案し、それを活かしてもらえるからだ。お店の店長や同僚、お客様といろいろな話しができるので、私はここでの仕事が大好きだ。お客様は、たとえば、毎週土曜日の午後、時間通りに店に来るエレガントで親切なおじいさん、先月見たチャイナドレスを着て来店した日本人女性2人、中国の映画やテレビ作品のお気に入りのキャラクターグッズを持ち込んで一緒に写真を撮るために来る人々のグループもある。店内のあらゆるお客様を意識的、無意識的に観察することが習慣になっている。
店内のお客様は中国文化をとても愛してくれていて、例えばデザートを出すと若いお客様がデザートを「綺麗!」と褒めてくれる。その一言だけで、私はすごくうれしい気持ちになる。
 ここで働くことは、私に帰属感を感じさせ、満足感を与えてくれる。知らず知らずのうちに私を成長させてくれるので得られることが多いと感じる。

春・生

 佛家有言:“步步是道场”。意思是不甘于现状,带着不知所起的信念感,将所到之处,所经之事都当作是一处历练的道场,终身学习。所以说,生活是一种修行。向“春”而生的,不仅仅是那些争先恐后的绿意;更有我这想要改变内在的自己的一点点微小的念头。恰逢此时。因此我是相对幸运的。如此认为着。
 今年初春是个好兆头。因为那时我已开始打包行李,准备搬入大学宿舍。
 或许是因为我想要改变些什么吧。我陷入了沉思。
 回到最近,聊聊我的打工心得吧。我在一家很温暖的中式咖啡厅打工。这可以算得上是我的第一份工作。我很幸运,因为在这里我有一种被需要的感觉。可能是因为我已经把经营好这家店的某一天当作是我自己的事来做了吧。我对这里的工作是有爱的,因为这里的人,还有他们讲的事。比如,每周六下午三四点准时来店里的那位戴礼帽,拄拐棍,优雅又慈祥的老爷爷。再比如,上个月见过的穿着旗袍来店里的两位日本小姐姐。还有拿着中国产的影视作品的周边玩偶来店里拍照的一群人。有意无意地观察店里形形色色的客人们,已经成为了我工作时的一种习惯。
 正因为店里的客人们都很爱中国的文化,所以当我为他们端上一份甜点时,年轻的客人们会赞上一句:“綺麗!”。仅仅是因为只句话,就足以让雀跃的情绪弥漫到我的四肢百骸。
 在这里打工所得到的锻炼和满足感充盈了我这段时间的生活,无形中使我成长,得到归属,受益匪浅。