外国語で発信!私の学生生活

中国語

コロナ禍での貴重なサークル活動

文学部英文学科1年C.M.さん

新冠状病毒流行期间的宝贵的社团活动

 我是日本女子大学一年级的学生。我的专业是英文学。我不光学英语,还学汉语。今天我想给大家介绍一下有关我们轻音乐社团的活动。我上大学以后才开始学的轻音乐。我喜欢音乐,所以我一直练习钢琴。我上高中时加入了学校的吹奏乐社团。我上大学后想搞新活动,所以我决定加入轻音乐社团。吉他、低音大提琴、鼓、主唱、键盘当中,我担任低音大提琴。低音大提琴主要低音调节旋律,它没有主唱和吉他那么显眼。但对于一支乐队的全体来说,它也有着不可缺少的要职。
 其次,我再介绍一下疫情期间我们社团的活动。我们社团新手也可以加入。社团的学姐们都很热情。其实,本来我们打算举办现场演奏会,也想参加校园节。但因为疫情,我们的现场演奏会已经延期,校园节的活动也只向校方提交了拍摄的视频而已。
 为了举办现场演奏会,虽然我们练习的次数比较少,但是尽量在一起练习。不能聚的时候也在家一个人练习。我自己去过某乐队的演奏会现场。现场对于乐队和观众来说是一个非常重要的活动。我希望疫情早日结束,并期待能早日在观众面前现场演奏,展现自己最精彩的一面。

コロナ禍での貴重なサークル活動

 私は日本女子大学英文学科の一年生です。今日は学生生活の中の軽音サークルの活動について紹介します。私は大学生になって初めて軽音を始めました。もともと音楽が好きで高校まではピアノを続けていて、高校では吹奏楽部に所属していました。大学では新しいことを始めたいと思い、軽音サークルに入ることを決めました。ギター、ベース、ドラム、ボーカル、キーボードなどの役割の中で私はベースを担当しています。ベースは低い音でリズムを刻みますが、ボーカルやギターのように目立つではありません。しかしバンド全体を支えている、なくてはならないような素敵な役割でもあります。
 次に、コロナ禍でのサークル活動の内容を紹介します。私が所属するサークルは初心者でも入る事ができ、先輩方はみんなとても優しいです。本当はライブハウスでライブをしたり、大学の文化祭にも参加したりする予定でしたが緊急事態宣言のせいで、ライブは延期に、文化祭は動画を撮って大学へ提出するだけになってしまいました。ライブに向けて少ない回数ですがメンバーと集まって練習をしています。あまり集まる事ができないため個人練習を家でするしかありません。私自身、バンドのライブに実際に行った事があり、生のライブでの演奏はアーティストと観客ですごく盛り上がる大事なイベントなため、早くコロナが収束してたくさんのお客さんの前でパフォーマンスをできるようになることを心待ちにしています。