外国語で発信!私の学生生活

英語

私の就職活動

人間社会学部現代社会学科4年O.M.さん

Job Hunting: My Story

I finally finished my job hunting in August. It was harder than going to the Nishiikuta Campus of our university, which was far from the station and was located on a steep hill. I was especially sad when I could not pass the final job interview even though the interviewers said they were looking forward to working with me. In addition, I had been visiting companies with my right leg broken. However, everything I experienced during the job hunting is precious.

Why could I continue my job hunting for such a long time? The answer is simple; it is owing to everyone’s support. The career counselors at the university particularly helped me a lot of times. I asked them all of the things that I was unsure about. For example, I asked how to find an ideal industry for me, write application forms, and take job interviews. They also gave me a chance to think about contributing to a company. With their support, I was able to believe in myself and maintain a positive attitude throughout the job hunting.

Now I can accept even my disadvantages after experiencing all the hardships in job hunting. I recommend anybody who is going to start job hunting that they should ask someone for help and that they should not take it all on themselves alone. Our university’s career counselors will be your best partners at all times. Again, I would like to express my gratitude to the counselors. I hope my story is useful for your job hunting.

私の就職活動

 照り返すような暑さの厳しい8月、私は大学生活の集大成である就職活動を終えた。
正直、ここまでの道のりは西生田キャンパスの登下校よりも厳しいものだった。特に「ぜひ一緒に働きたいです」と面接官の方々に言われたにもかかわらず、不採用になった最終面接後は、自分自身を見失いかけそうにもなった。またリクルートパンプスで足を骨折し、包帯を巻いて企業を訪問する日々も続いた。しかし約1年間をかけた掴んだプラチナチケット、内々定の電話は想像以上に嬉しくて、今となってはどれも良い思い出だ。

 ではなぜ私は就職活動終盤とも言われるこの時期まで自分をブラさず、決してめげずに走り続けることが出来たのだろうか。それは間違えなく周りの支えのおかげだ。その中でもキャリア支援課には幾度となくお世話になった。業界選び、ESの書き方、面接対策のように何か不安なことがあるとすぐにzoomで相談にのっていただいた。相談員の方々は、どんな時も私の話に真摯に耳を傾け、優しく的確なアドバイスをしてくれた。さらに私が本当に納得の出来る会社に内定することではなく、そこで活躍する方法を考えさせてくれた。だから自分のことをひたすら信じて周りの友人に振り回されず、前を向き続けられたのだろう。

 このような心臓破りの山道を下山した今、時には悩まされた短所、頑固さが微笑ましく感じるものだ。改めて最後まで私の横で伴奏を続けて下さったキャリア支援課の方々には感謝をしたい。最後にこれから就職活動を迎える皆さん、私のように何か迷いや不安があったら1人で抱え込まず、誰かに相談して欲しい。その際、キャリア支援課は心強いパートナーとなってくれるでしょう。私は今後、語学留学の経験を踏まえて英語力の向上に励みたいと考えている。皆さん、時には休みながらお互いに頑張りましょう!この就活体験記が少しでも悩める方々の心に寄り添い、次の一歩を踏み出すきっかけとなったら大変幸いだ。