外国語で発信!私の学生生活

英語

良い書き手になるためには

文学部英文学科2年K.M.さん

How to become a Good Writer

 ‘How can I learn to write well?’ I suppose that many people want to know the answer to this question. Writing sentences that can be understood by readers is more difficult than we think. Today, I would like to share what I do to improve my writing skill.
 To begin with, the reason why I decided to write about it is because I’m not good at writing, either. At university, there are many opportunities to write short or long passages such as reaction papers, essays and so on. When I submitted them to my teachers, they often said to me, “I can’t understand your writing,” and I felt frustrated. To improve this situation, I began ‘writing training’ as follows:
① Read books of writing techniques.
② Look up words that I don’t know in a dictionary.
③ Write a diary.
④ Try to do ③ in English.
First, I started with reading books specialized in writing techniques. You can learn how to organize and structure paragraphs, and it is helpful when you write something. I did ② and ③ because my teachers told me that they were useful for building up your vocabulary and practical writing skill.
④ is my method, and I use it to study English. I assume that you may have already known these methods, but they can enhance three necessary skills: reading (is it understandable?), vocabulary (are they proper words?), and structure (is it logical?). Therefore, I highly recommend you do any of them even for a short time.
 In conclusion, I’ve shown you my easy writing practice. Unfortunately, it doesn’t mean you can become a good writer right after you do it. You need to practice and make mistakes many times, and you will gradually get better like playing a sport. Don’t be a perfectionist, and please keep going at your own pace. I will also continue to make efforts so that I can become a better writer.

良い書き手になるためには

 「どうすれば上手な文章が書けるようになるだろう。」
こうした悩みを持つ方は多いのではないだろうか。相手に伝わる文章を書くことは、意外に難しい。そこで、今回は私が実践している文章術を共有していきたい。

 まず、なぜ私が本稿で文章術をテーマにしたのか、なぜなら私自身が文章を書くことを苦手とするからだ。大学では、リアクションペーパーやレポートなど短いものから長い文章まで書くようになる。私はこれらを提出するたびに、先生から「この文がわかりづらい」と指摘され、相手に自分の文が伝わらないことを幾度と経験してきた。そこで、その悔しさを晴らし、徹底的に自分の文章力を磨くためにも、私は「文章トレーニング」を始めることにした。その「文章トレーニング」とは以下の4つである。
①文章術の本を読む。
②文章を読む際に、わからない言葉は辞書で調べる。
③日記を書く。
④③を英語でも書いてみる。
 まず、基本の文章の書き方を学ぶために専門書を読むようにした。文章の型や手順などが知れ、実際に文を書く際に役に立つ。②➂は先生から教えていただき、語彙力、実践力の両方が鍛えられる。④は、私が英文学科で語学学習にも活用しようと始めたものだ。正直この手の文章術はすでに知れ渡っているかもしれない。しかし、この基本となる方法が、読解(相手に伝わるか)、語彙(言葉は適切か)、構成(論理的か)の3つを鍛えることができる。ぜひ面倒と思わず、短い時間でもいいのでどれか1つ実践してもらいたい。

 以上のように、今回は私の文章術を簡単に紹介したが、この方法をしたからといって、すぐに結果が出るわけではない。スポーツと同じく、文章も実践、失敗、改善の積み重ねが必要となる。上手な文章への道のりは長いが、少しの努力が次へと繋がっていく。まずは、完璧を求めず、自分のペースで努力してほしい。私も次に何かを書く際は、今よりも良い文が書けるよう努力し続ける。