外国語で発信!私の学生生活

英語

デンマークへの旅

文学部史学科4年M.Y.さん

Finding Myself in Denmark

Have you ever heard of Folkehøjskole? This is a type of non-profit Scandinavian school that admits students regardless of their age, gender or nationality. I was in the International People’s College (IPC) in Helsingør, Denmark. There were about 100 students from 20 countries, with students living and studying together. I saw many things and met incredible people whom I learned from.
Studying with students from all over the world was a valuable experience. We shared our own cultures, experiences and values. Topics were rich, and we discussed—among other things—culture, race, gender, peace, and the environment. Discussing these topics in English was challenging but worth doing.
In addition, being able to look at Japan from an outside perspective was a treasured experience. Students from other countries asked me about Japan and my culture. Sometimes, I was asked a question about something that I didn’t know. For example: Why in Japan do we write using three different writing systems? What had happened in Fukushima? What do you think about the LGBTQ situation in Japan? Every time people asked me these kinds of questions, I learned something new.
In the end, amongst the beautiful Danish nature, I learned about myself. Before going to Denmark, I didn’t have enough time to think about what I wanted—or didn’t want—to do. However, in Denmark the days are not so long in winter and shops close earlier than they do in Japan. Therefore, I had time to relax and just focus on myself. I picked up new hobbies in Denmark, those being candle making, practicing yoga and playing the piano.
Through my experiences in Denmark, I realized how important it is to dive headfirst into a new environment. All my experiences and memories of being at IPC are still stored in my heart.

デンマークへの旅

フォルケフォイスコーレという学校を聞いたことはありますか?北欧独自の教育機関であり、年齢や性別、国籍を問わない非営利団体が運営する学校です。私はデンマークのHelsingøという町にあるInternational people’s College にいました。そこには約20ヵ国から100人の生徒が集まり、生活や授業を共にします。そこで様々な出来事を経験し多くの人に出会いました。
様々な国から来た生徒たちと学ぶことは私にとって有意義な経験となりました。私たちはそれぞれの文化を紹介し合ったり、経験や価値観を共有しました。ディスカッションでの話題は多岐に渡り、文化や人種、ジェンダーや平和などについて話し合いました。これらの話題について英語で議論することは簡単なことではありませんでしたが、チャレンジする価値は十分にあったと思います。
加えて、日本という国を外側から見るということも貴重な経験です。時には私にもわからない質問をされることもありました。例えば、どうして日本語は3つもの文字を使うの?福島で何が起こったの?LGBTQの日本での状況は?といった質問です。こういった質問に答える度に自分の国について理解が深まりました。
そしてデンマークの豊かな自然の中で自分と向き合う時間を得ることができました。デンマークに行く前までは自分が何を求めているのか(いないのか)考える時間はありませんでした。しかしデンマークの冬は日が短く、お店は日本よりも早く閉まります。そのため、自分のために使う時間が長いのです。デンマークでは新しい趣味を幾つか見つけました。キャンドルをともしたり、ヨガをしたりピアノを弾いたりすることです。
デンマークでの経験を通して、新しい環境に飛び込むことの大切さを学びました。IPCで過ごした時間は大切な思い出です。