現代社会学科 教員一覧

  • エンドウ トモミ

    遠藤 知巳教授

    現代社会を包含する近代の地平を理論的・歴史社会学的に研究。現代社会の重要な装置としてのメディア/論(の言説)を社会学的に考察する。

    研究分野:社会学

    研究テーマ・内容:社会学

  • オオヌマ ヨシヒコ

    大沼 義彦教授

    スポーツ社会学の分野で、1)スポーツメガイベントと社会変動、2)地域スポーツに関する研究を行っている。また、英国スポーツ史にも関心がある。

    研究分野:スポーツ科学 身体教育学

  • オナカ フミヤ

    尾中 文哉教授

    さまざまな「知」と「非・知」(例えば、大学、学校、試験、文芸、映画、音楽、舞踏など)についての比較社会学。タイ、韓国を主なフィールドとしている。

    研究分野:社会学(比較社会学) 地域研究(タイ研究、韓国研究)

    研究テーマ・内容:比較社会学 タイ研究

  • シブヤ ノゾム

    渋谷 望教授

    新自由主義の文化とこれに抵抗する文化・思想とのせめぎ合いを研究している。特に社会運動のグローバルな展開に関心がある。

    研究分野:社会学(都市、社会運動、労働)

  • シュウ エンビ

    周 燕飛教授

    専門は応用ミクロ経済学。男女間雇用格差の解消や子どもの貧困対策など、労働と社会保障の問題を実証研究している。

    研究分野:経済学

    研究テーマ・内容:労働経済学、社会保障論

  • タナカ ダイスケ

    田中 大介教授

    近現代の都市文化やコミュニケーションについて、交通や移動という視点から社会学的・メディア論的に研究している。

    研究分野:社会学

  • ニシムラ カズユキ

    西村 一之教授

    専門は、文化人類学、東アジア研究。特に台湾の漁民社会、民族集団間関係、植民地主義について研究している。

    研究分野:文化人類学・民俗学

    研究テーマ・内容:漁業 ネットワーク 植民地主義

  • ヒラタ ユキエ

    平田 由紀江教授

    専門は社会学・文化研究。人やモノの移動によって起こるさまざまな現象に関心を持って研究を続けている。フィールドは東アジア地域(主に韓国・日本)。

    研究分野:社会学 地域研究

  • カミタ セイジ

    上田 誠二准教授

    近現代日本史を専攻。教育と音楽による感情操作や、そうした権力の場で不協和音とされた人びとのライフコースを研究している。

    研究分野:歴史学 日本近現代史

    研究テーマ・内容:社会史 文化史

  • ノベ ヨウコ

    野辺 陽子准教授

    日韓の多様な家族について、当事者のリアリティや、政策・支援について研究している。

    研究分野:家族社会学、ジェンダー論

    研究テーマ・内容:家族社会学、ジェンダー論、アイデンティティ論、マイノリティ研究

  • マニュエル ヤン

    Manuel Yang准教授

    アメリカと環太平洋/大西洋の歴史を階級闘争の観点から研究。資本と帝国にかわるコモンズを作ろうとする人びと、文化、運動のつながりを追究している。

    研究分野:史学一般

  • イケダ カズヒロ

    池田 和弘講師

    専門は環境の社会学。グローバル化以後の社会における、社会と環境の関係のあり方や、その見え方、見えなさを社会学的に考察する。

    研究テーマ・内容:温暖化

  • ウオズミ トモヒロ

    魚住 智広助教

    少子化地域における若者のスポーツについて、運動部活動を主なフィールドとして研究している。

    研究分野:スポーツ社会学

  • キムラ エリコ

    木村 絵里子助教

    近・現代社会の女性に関する文化(具体的には外見の社会的機能や恋愛関係のコミュニケーションなど)について、社会学の観点から研究を行っている。

    研究分野:社会学

    研究テーマ・内容:近・現代社会の女性に関する文化(具体的には外見の社会的機能や恋愛関係のコミュニケーションなど)について、社会学の観点から研究を行っている。

  • サカイ アキラ

    酒井 晃助教

    セクシュアリティ/ジェンダーについての歴史研究。特に社会における包摂と排除を考察している。

    研究分野:近現代日本史

    研究テーマ・内容:セクシュアリティ/ジェンダーについての歴史研究。特に社会における包摂と排除を考察している。