現代社会論専攻 教員一覧

  • 遠藤 知巳教授

    【近代社会論、言説分析、社会理論、メディア論】西欧近代社会の言説空間の変容を考察することで、現代社会における「社会性」の所在を研究しています。

  • 大沼 義彦教授

    【スポーツ社会学、地域スポーツ論】スポーツの現代性に焦点を当て、1)メガスポーツイベント(五輪、W杯等)と都市の変容、2)日常生活に組み込まれたスポーツのあり方を考察しています。

  • 尾中 文哉教授

    【比較社会学】社会調査を基礎とし、理論と歴史をふまえた比較社会学を研究しています。

  • 渋谷 望教授

    【社会学】新自由主義の統治研究とオルタナティヴな運動/文化の社会学的研究。

  • 周 燕飛教授

    【応用ミクロ経済学】政策の視点から、男女間雇用格差の解消や、柔軟な働き方の実現、子どもの貧困対策など、労働と社会保障の問題を実証研究しています。

  • 西村 一之教授

    【文化人類学】民族、移動、越境に関する文化的事象を人類学的に研究しています。主なフィールドは 東アジア地域(台湾)です。

  • 上田 誠二准教授

    【歴史学、近現代日本の社会・文化・教育】大正から昭和の終焉までを対象として、(1)音楽や教育がデザインした社会の歴史、(2)そこで不協和音とされた人びとの生存・教育・労働の過程を研究しています。

  • 田中 大介准教授

    【社会学、都市論、モビリティ論】近代性の構造と過程を交通・移動という視点から歴史社会学・理論社会学的に研究をしています。

  • 野辺 陽子准教授

    【家族社会学、ジェンダー論、アイデンティティ論、マイノリティ研究】日韓の多様な家族について、当事者のリアリティや、政策・支援について研究しています。

  • 平田 由紀江准教授

    【メディア社会学、文化研究】メディアや人の移動などの文化的事象について研究しています。フィールドは東アジア地域(主に韓国)です。

  • Manuel Yang准教授

    【歴史社会学、社会思想、民衆史】資本主義と民衆の世界史を踏まえて、現代アメリカ社会を拠点に大西洋・太平洋を接続する階級闘争、大衆文化、コモンズの歴史社会学的研究。