英文学科 教員一覧

  • アン スレイター

    Ann Slater教授

    I specialize in contemporary American fiction and comparative literature, especially multicultural writers and the theme of identity.

    研究分野:文学一般

    研究テーマ・内容:アメリカ現代小説 小説創作

  • ウチヤマ カナエ

    内山 加奈枝教授

    主にポール・オースターなど、アメリカの現代小説を研究している。その他、アメリカ映画、批評理論が興味の対象。

    研究分野:ヨーロッパ文学

    研究テーマ・内容:アメリカ文学 文学理論

  • オオバ マサコ

    大場 昌子教授

    20世紀アメリカで書かれた小説、中でもユダヤ系アメリカ人といわれる人々の作品について、その時代や社会との関わりを中心に研究している。

    研究分野:ヨーロッパ文学 文化人類学・民俗学

    研究テーマ・内容:アメリカ文学

  • カワバタ ヤスオ

    川端 康雄教授

    ウィリアム・モリスとジョージ・オーウェルの二人の仕事を読み直す作業を通して、現代の社会、文化、芸術をめぐるさまざまな問題を考える。

    研究分野:英米・英語圏文学(英文学)

    研究テーマ・内容:ジョン・ラスキン、ウィリアム・モリス、ジョージ・オーウェル、レイモンド・ウィリアムズ

  • サカタ カオルコ

    坂田 薫子教授

    19世紀ヴィクトリア朝のイギリス文学・文化研究(特にトーマス・ハーディ)。ジェンダー研究やジェイン・オースティン以降の女流作家研究も進めている。

    研究分野:ヨーロッパ文学 文学一般 ジェンダー

    研究テーマ・内容:19世紀英国小説研究

  • サトウ カズヤ

    佐藤 和哉教授

    イギリスの子どもの本と、その日本への影響について、歴史と文学の両方の視点から考えてきた。文化全般が関心の対象である。

    研究分野:イギリス史・イギリス文学・英語教育

    研究テーマ・内容:イギリス文化史・児童文学・文学教育

  • サトウ タツロウ

    佐藤 達郎教授

    シェイクスピアを中心とするイギリス・ルネサンス文学の研究を通じて、同時代のイギリス文化の構造を歴史的に考察することを目指している。

    研究分野:ヨーロッパ文学

    研究テーマ・内容:シェイクスピア イギリスルネッサンス 演劇 詩 セネカ エリザベスⅠ エセックス

  • タカナシ ヒロコ

    高梨 博子教授

    観光などの異文化交流や日常生活における対話のプロセス、感情や共感の形成、ユーモアや遊び心の創発、そしてこれらの社会文化との関わりを研究している。

    研究分野:言語学(語用論、社会言語学、談話分析、言語人類学)

    研究テーマ・内容:談話分析 相互行為の社会言語学 語用論 言語人類学

  • ダグラス フォースター

    Douglas Forster教授

    I teach a variety of English as a Foreign Language (EFL) courses with a particular emphasis on the cultural and linguistic aspects of American films.

    研究分野:英語学

    研究テーマ・内容:英語(作文教育)

  • ババ アキラ

    馬場 聡教授

    アメリカのカウンター・カルチャーとその周辺の文学作品を中心に研究している。

    研究分野:ヨーロッパ文学

    研究テーマ・内容:アメリカ文学 対抗文化 1960年代

  • フジイ ヨウコ

    藤井 洋子教授

    英語や日本語の会話や様々な言語事象を観察し、ことばと人間、文化の関わりや異文化コミュニケーションについて研究している。

    研究分野:言語学

    研究テーマ・内容:語用論 文化言語学 談話分析 認知意味論

  • フジナガ ヤスマサ

    藤永 康政教授

    20世紀以降の北部都市におけるアフリカ系アメリカ人の自由を求める運動、いわゆる公民権運動やブラック・パワー運動を研究している。

    研究分野:地域研究 ヨーロッパ史・アメリカ史

    研究テーマ・内容:人種 公民権運動 アフリカ系アメリカ人 黒人

  • マツモリ アキコ

    松森 晶子教授

    音やアクセントの観察を通じて、言語がどのような方向に変化していくのか、ことばの世代差や方言間の違いはどうして生じるのかについて研究。

    研究分野:言語学

    研究テーマ・内容:音声学 音韻論 方言 アクセント 琉球語 歴史言語学

  • スズキ ヨシカズ

    鈴木 喜和准教授

    ジョン・キーツを中心にイギリス・ロマン派の詩人を研究。テクストの生成に関わる文化・歴史的要因を精読と一次資料に基づいて調べる。

    研究分野:ヨーロッパ文学

    研究テーマ・内容:イギリス・ロマン派文学

  • ツチヤ トモコ

    土屋 智子准教授

    アメリカを「移民の国」と捉え、多人種、多文化が存在する中で、それらが共存の道を模索し続けるプロセスを研究している。

    研究分野:地域研究

    研究テーマ・内容:アメリカ地域研究 エスニックスタディーズ

  • ハヤノ カオル

    早野 薫准教授

    会話分析の方法を用いて、会話の構造、コンテクストと言語使用の関わり等を研究。英語学習者のコミュニケーション能力向上に向けての応用を目指す。

    研究分野:言語学 英語学 外国語教育

    研究テーマ・内容:会話分析、応用言語学、語用論 会話分析、応用言語学、語用論

  • ピーター ロビンソン

    Peter Robinson准教授

    Specializing in publishing history, my research particularly focuses on book advertising in the 18th century. I also teach thesis writing skills.

    研究分野:イギリス文学

  • オクハタ ユタカ

    奥畑 豊講師

    イギリスを中心とする現代文学における核の脅威や独裁者の表象、またはホロコーストの扱いを巡る問題などに関心がある。

    研究分野:英米・英語圏文学

    研究テーマ・内容:二十世紀以降の現代イギリス文学研究

  • イノウエ アサ

    井上 亜紗助教

    ヘンリー・ジェイムズとソール・ベローの作品を中心に、19世紀後半から現代までの英米小説の生成を歴史的に研究している。

    研究分野:アメリカ文学

  • オシダ コウコ

    押田 昊子助教

    ヴァージニア・ウルフの作品を中心に、戦間期のイギリス文学の研究を進めている。

    研究分野:イギリス文学

    研究テーマ・内容:ヴァージニア・ウルフの作品を中心に、戦間期のイギリス文学の研究を進めている。

  • ニシガイ マキ

    西貝 真紀助教

    J.D. サリンジャーの小説について、50年代アメリカ社会や東洋思想との関連性を軸に研究を進めている。

    研究分野:アメリカ文学