センター所長メッセージ

2022年度 JWU女子高等教育センター所長メッセージ 

いま全国の大学で進められている学修者本位の教育への転換は、ほとんどの大学教員は経験したことのないスタイルの教育への転換と言えます。教育のパラダイムシフトと言っても過言ではありません。一方、「学修者本位」という言葉だけからは、当然いままでも学生のために教育を行なってきたのですから、何を変えようとしているのか理解されないように思います。

大学での教育を受けて、学生が何をどのレベルまで身につけたかを学生自らがエビデンスをもとに把握できるようにし(学修成果の可視化)、一方、教員も科目ごとにあらかじめ設定した到達目標がどこまで達成できたかを把握し(教育成果の可視化)、それを基に教員は継続的に授業改善に努めるということが、「学修者本位の教育」のポイントの一つです。科目ごとの到達目標は、学科ごとの到達目標(ディプロマ・ポリシー:DP)ならびに大学のDPに繋がるのは言うまでもありません。このDPすなわち到達目標(学修成果ともいう)を中心に、それを達成させるためのカリキュラムとなっているかの検証および見直しあるいは再構築、そして到達目標の達成度(学修成果・教育成果)を学生・教員の両者のために可視化するしくみの構築を進めるのが、今回の教育改革の柱です。

このような学修者本位の教育への転換を進めていく中で忘れてならないことは、学生は多様であるということです。DPは画一的な人間をつくために定めたものではありません。DPで掲げたすべての項目を最高レベルで身につけさせることが目標ではありません。学生の多様性を認め、DPで掲げる項目のうち学生がもつ得意なものはさらに高いレベルを目指させ、一方、不得意な部分はできるだけ最低限のレベルまでは到達できるようにサポートすることが大切であると考えます。一つ二つの不出来だけで、その学生を低く評価することは避けなければなりません。

本学の教育の理念である三綱領の中の「信念徹底」では、新しい知識を獲得しながら、自身への不断の問いかけをする、「自発創生」では、自発的な試み・実践を通じて、自身の独自性を涵養していくことの重要性を語っています。そして、「共同奉仕」ではその多様な人が協同することによって、自身も成長でき、社会へも貢献できると語っています。学生のもつ独自性、ならびに学生のもつ未知なる可能性を忘れずに、学生の成長を支援する「学修者本位の教育」を目指していきたいと考えています。

また、コロナ禍において大学におけるオンライン授業の実施やICT活用が普及し、終息後も新たな授業形態として発展、継続することになります。オンラインの特性を生かしつつ、その質保証と学生にとって効果的な教育活動となっているかについて十分な検証を進め、新たな授業形態の実現を目指したいと思います。

和賀 祥

歴代センター所長メッセージ