メニュー


数学科



問題の解法の修得のみではなく、「数学」という人類が育んだ文化としての不思議な学問の魅力を伝えたいと考えます。「数学」は古代ギリシャの純粋論理を尊ぶ精神を源泉として、数学者たちによる問題への挑戦と挫折、そして同時に発生する新たな問題・・・を繰り返してきました。「数学」に見せられた数学者たちの業績と心情を理解し、その上で論理を駆使できる社会人としての女性の育成を主眼とします。



必修授業
 3年間で、数学Ⅰ・A・Ⅱ・Bの4科目が必修です。教科書は東京書籍(同名)、問題集は数研出版の4stepを使い、時間をかけて学びます。(合計12単位)

選択科目A
「数学Ⅲ」(4単位)と、数学Ⅲの微積分のみを学習する「微分積分」(2単位)を設置しています。教科書は、ともに東京書籍「新編数学Ⅲ」、問題集は、「数学Ⅲ」では数研出版4step、「微分積分」では東京書籍「ニューアシスト」を使用します。

選択科目B(すべて2単位)

「微分積分」、「線形代数」、「確率・統計」と、センター試験演習(数学ⅠA・ⅡB)に特化した「総合数学」を設置しています。「微分積分」では選択Aと同じ教材、「線形代数」では、日本女子大学理学部で使用されている教科書を用います。