メニュー


国語科



古典教育を重視し源氏物語や史記を味読できる力を育てます。現代文では文庫本等を使用し長編小説を読み通し、さまざまな評論に触れることで、豊かな心を持ち、自ら考え表現できる美しい日本語の使い手を育てます。



古典の重視
 素養のレベルでは博学をよしとしています。高校生の時期に、分野に偏らずかなり高度な知識を習得することは、将来どのような専門に進むにしても、大切なことだと考えるからです。
 中古ならば『源氏物語』、近世では近松や西鶴、秋成他広範な作品を、漢文では『史記』や唐代伝奇小説のいずれも原文の味読が出来る力を育成しています。

本文の重視
 教科書所収のテキストも学びますが、ダイジェスト版での授業を極力避け、長編小説、評論を授業で読みます。夏目漱石『こころ』、泉鏡花『高野聖』、大岡昇平『野火』、遠藤周作『深い河』、大江健三郎等いずれも文庫本を購入してもらい、授業で丹念に読み進め、最終的には、作品論、作家論へと結びます。



高校生の作品

表現力の育成

書く力、話す力を育てるため、必修、選択を問わず日常授業の中で工夫をしています。県の文芸コンクールでは例年際立って優秀な成績を収めており、詩、短歌、俳句は無論のこと小説部門では全校から集まる100編以上の小説を校内選考の上、応募、最近10数年間をみてもほぼ例年入賞しています。