メニュー


理科

すべての生徒が、文系・理系などの枠にとらわれることなく、幅広く科学的な思考力を身につけることを目指し、物理基礎・化学基礎・生物基礎の3科目の必修授業に加え、2・3年次の「理科選択」や3年次の「選択授業」に、物理・化学・生物の幅広い授業を開講しています。また授業では実体験を重視し、自然豊かな校地の観察をはじめ多くの実験や実習を取り入れています。

 



物理

必修授業では、物理の学習を通して論理的な思考力を身につけることを目指し、具体的には物体の運動、エネルギー、波動、電流と電子を学習しています。3年次の「選択授業」では、電気と磁気や原子などを含むより発展した内容を学習しています。また、実験実習ではセンサーを用いた測定、コンピュータを使ったデータ解析なども積極的に取り入れています。



生物

1年次の「生物基礎」では、細胞の構造、代謝、遺伝子のはたらき、体内環境、生物の多様性と共通性など幅広く網羅的に生物の基礎を学びます。23年次の「生物」では、細胞内の物質の働きや生殖と発生、遺伝情報発現のメカニズム、動物の反応と行動など、1年次に学んだことを基礎として更に詳細に生命現象を取り扱います。3年次の選択授業では生態学と進化の分野を特に取り上げ、大きな視点から生物について考えていきます。



化学

化学では物質の本質にふれて理解を深めるために、単元ごとに実験を行ってレポートを作成することを大切にしています。1年次の「化学基礎」では化学の基本的概念から酸・塩基や酸化還元など物質の変化について学び、2・3年次の「化学」では物質の状態や有機化合物などを扱い、化学の広がりとその重要性について学びます。また3年次の「選択授業」では、反応のプロセスについてさらに理解を深めるための授業や、毎回実験のみを行ってレポートを作成し1年間を通して論理的な思考と分析力を高めていく授業も行われています。




化学の実験


生物の実験




放課後の理科モール