メニュー


情報科



情報リテラシー、知的財産権、情報社会の問題点、レポート作成のための情報処理と表現、プレゼンテーションの手法といった内容について実習を中心に幅広く学習し、情報活用および問題解決能力の育成を目指しています。



高校1年生 「社会と情報」
 以下の内容について実習を中心に、幅広く学習し、問題解決と情報活用の能力の育成を目指しています。
 ・情報リテラシー
 ・知的財産権
 ・情報化社会の問題点
 ・レポート作成のための情報収集と表現
 ・プレゼンテーションの方法

実習は、1人に1台のノート型コンピュータを用い、生徒24人に対し教員1名、アシスタント1名で対応しています。

高校2・3年生
 他教科と連携を取りながら、様々な場面における発展的な情報活用能力の育成を目指します。具体的には国語・数学・理科・社会・英語・家庭の授業で4時間ずつ、コンピュータを利用した資料検索、データの整理、プログラミング、シミュレーション、レポート作成などを行います。
 3年生の選択科目ではExcel、PowerPointの発展的な使い方を学習し、JavaScript、CGI を利用した発展的なWebページ作り、情報関連の時事問題についての発表、ロボット制御などに取り組みます。