メニュー


芸術科



1年次は声楽を中心に学び、2・3年次の選択授業では音楽の他、美術、工芸、書道を選ぶこともできます。3年間を通じ、自ら表現することの喜びを味わい、芸術・文化を理解し鑑賞する豊かな人間性を育てます。



声楽
 1年次の必修授業では、演奏する喜びを味わいつつ、一人で歌う力だけでなく、アンサンブルで歌う力を培っていきます。コールユーブンゲンを使って、音楽の基礎的な力を伸ばします。また3月にはクラス対抗合唱コンクールが行われ、仲間と力を合わせた音楽表現を体験しています。
 2・3年次の選択授業ではコンコーネ50番やイタリア古典歌曲集を用い、体の使い方、呼吸法、共鳴の方法等に重点を置いて練習し、美しく響きのある声を追求します。また、日本歌曲やドイツリート、ミュージカル等にも触れ、豊かな感性を育みます。

器楽
 中学校での弦楽合奏から発展させ、管楽器や打楽器を加えたオーケストラによる合奏を通し、表現し、仲間と音楽を作り上げていく喜びを味わいつつ、創造性や感性を豊かに伸ばしていきます。また、ヴァイオリンの初心者への指導も行っています。

美術
 美術では、油絵(西生田キャンパスの自然の中での風景画と静物画)、および立体造形としての焼き物に取り組みます。

工芸
 工芸では、生活の中に取り入れられる陶芸での器作りや、型染め、織機を使用してのテキスタイル作りを行います。

書道
 書道では、漢字・かな古典の臨書から、個性的な表現を試みる創作へと進めて行きます。書の伝統と文化についての理解を深め、書への関心を一層深めるような幅広い授業内容を展開しています。



声楽 授業風景

器楽 授業風景



工芸 授業風景

書道 授業風景