生活芸術学科

生活芸術学科

被服学と住居学から、快適な暮らしと環境を考える

 快適な暮らしと環境を被服学と住居学から追求します。

 被服学の授業科目は、衣素材系、衣造形系、服飾・文化系、流通・消費系の4分野から成り立っています。住居学の授業科目は、住生活系、計画系、設計・デザイン系、構造・生産系の4分野で構成され、それぞれが奥深い学習意欲を刺激する内容となっています。

広い視野から、生活を考え、体感できる学問

 生活芸術学科は、私たちの身体や生活を保護してきた衣服や住居を対象に、安全性や快適性、芸術性などを学ぶ学科です。科目は、理系の科目から文系の科目まで広範におよび、学際的な科目構成となっています。

 古来から、身の回りにあって常に必要とされ、日々体験するものに関心を注ぐ本学科は、生活の中で学ぶ通信教育課程が、大変適していると思われます。テキストを読んで習得した知識をもとに、現実や実物を観察し、検証する時、そのための教材が身近にあるからです。ここで学ぶ知識は、頭の中だけでなく、実感をもって納得できるものとなるでしょう。

 学習の成果は、各自の生活の充実・向上に通じています。また、自己を成長させ、社会や世界を理解し、生き生きとした活動に進んでゆくための素養をもたらします。資格の取得を目標にしている人たちにとっても、広い視野から生活の向上を考える力を育むことになるでしょう。

 新たに、2016年度より繊維製品品質管理士(TES)、2017年度より二級建築士・木造建築士の資格取得を目指せる関連科目を配し、より充実した科目構成としています。

学科長 大塚美智子 石川孝重



学科科目



 被服・住居を学ぶ上で基礎となる学科と専門的な分野からなる学科を、被服4系列、住居4系列に配しています。





衣素材系


衣材料学 衣材料学演習 テキスタイル試験法 テキスタイル試験法演習 染色加工学 衣整理学 衣整理学演習



衣造形系


衣造形学 衣造形学実習I 衣造形学実習II 衣造形学実習III 衣造形学実習IV アパレルデザイン論 ユニバーサルデザイン論 色彩学 色彩学演習 衣環境学 色彩環境論



服飾・文化系


日本服飾文化史 西洋服飾文化史 生活文化論 生活史 服飾美学 生活デザイン論 造形芸術論 服飾・文化系特別講義



流通・消費系


アパレル品質管理 アパレル品質管理ケーススタディーI アパレル品質管理ケーススタディーII マーケティング論 消費者行動・調査法 消費生活論 経済統計 環境とエネルギー 流通・消費系特別講義







住生活系


住生活学 住宅問題・政策 住居史 福祉環境論  住居安全情報論 建築保存再生論 住居マネジメント



計画系


住居環境学 住居設備学 まちづくり論  建築計画論 インテリア計画論 建築法規



設計・デザイン系


住居製図 住居設計I 住居設計II コンピュータデザイン インテリアデザイン演習



構造・生産系


力と形 住居構造 構造力学 建築・インテリア材料 建築施工






※上記の学科科目のほかに、住居学特講と卒業論文、関連科目があります。

 



主な科目の紹介



衣材料学



被服を学ぶ上でベースとなる知識を

 衣服を構成する材料の最小単位は「繊維」であり、この繊維は天然繊維、化学繊維を問わず「鎖状高分子」から構成されています。このような繊維の成り立ちや性質を、まず理解します。さらに、繊維を集合した構造体である「糸」や、糸を集合して構成される「布」の種類や構造、性質などについて学び、衣服材料としての理解を深めます。「衣材料学」は、「衣造形学」、「衣環境学」、「衣整理学」などの各専門分野を学ぶ際に、その基盤となる大切な科目です。



衣造形学



快適な衣服の造形知識から技術まで

 衣服の人間因子である人体構造や衣服サイズ、運動機能を理解します。その上で、審美的にも、機能的にも、快適な衣服設計のための体型のとらえ方や、パターンメーキングの基礎理論について学習します。また、衣服の生産、消費流通の立場から、アパレルCADの実際、素材の造形性、縫製上の問題、服装心理などについても学びます。さらに、これに対応する衣造形実習では、衣服の生産に関連する幅広い要素技術を習得できます。



日本服飾文化史  西洋服飾文化史



日本・西洋の服飾文化を歴史遺産を参考に

 「衣」は、人間の生活文化の担い手として、長い歴史を共に歩んできました。「日本服飾文化史」では、日本の「衣」に焦点をあてて歴史的な変遷を学習します。「西洋服飾文化史」では、西洋の服飾の変遷を社会や文化との関わりにおいて学びます。いずれの科目でも、染織遺品、物語や日記、雑誌などの文献資料や絵巻、肖像画、版画などの美術資料によって、各時代の服飾や染織品の特徴や生活文化などを明らかにします。



インテリア計画論



現代社会と住居の新しいあり方を

 インテリアデザインを学ぶ目的は、様々な生活行為や生活様式と、物理的空間や装備との好ましい関係を学ぶことです。住居のあり方は、住む人のライフスタイルや生活の質に影響を与え、家族や地域社会のあり方とも大きく関わっています。自然環境や人工的環境との関係を考え、より快適な生活環境の創造を担う力を養います。



福祉環境論



高齢社会に適応できる住環境を

 「福祉環境論」では、近年頻繁に聞かれるようになった「ユニバーサルデザイン」の概念を基に、高齢社会における生活環境がどうあるべきかを、考えることを目的とします。具体的には、「バリアフリーデザインとユニバーサルデザインの概念」「高齢者・障害者の心身特性や介護と住環境の関係」「高齢社会に対応した住宅の計画手法」についての理解を深めます。



卒業要件



基礎科目 外国語 8単位
情報処理 2単位
身体運動 2単位
教養科目 AからC系列各2単位以上24単位 24単位
学部共通科目 6単位
学科科目 必修 24単位
選択 46単位
軽井沢卒業セミナー 2単位
自由選択科目 10単位
合計 124単位


卒業に必要な単位数のうち、修得が必要な最小スクーリング単位数



入学年次スクーリング単位数
1年次入学 30単位以上
2年次編入学 23単位以上
3年次編入学 15単位以上
3年次学士入学 15単位以上


修業年限と在学しうる年数



入学年次修業年数(在学すべき年数)★在学しうる年数
1年次入学 4年 10年
2年次編入学 3年 8年
3年次編入学 2年 6年
3年次学士入学 2年 6年

卒業までにかかる年数は各自の状況により異なります。



人材養成・教育研究上の目的



『生活芸術学科は、被服学と住居学について科学的・文化的・芸術的な側面から総合的に理解を深め、広い視野と専門的知識を生かして生活環境の問題解決と向上のために考え、実践する力をもった人材を養成することを目的とする。』

(日本女子大学人材養成・教育研究上の目的に関する規程より引用)



通信教育課程生活芸術学科の3ポリシー



学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)



(知識・理解)

  • 科学的・文化的・芸術的な広い側面から生活の質の向上に役立つ、被服学と住居学の基礎並びに関連諸分野の知識を習得している。

(思考・判断)

  • 衣生活や住生活の課題に対して、実践可能な解決策が構想できる。

  • 文化的、芸術的視点から独自の感性や美意識を深められる。

  • 生活の変化や多様化を敏感に捉えて、快適な生活環境の方向性を判断できる。

(関心・意欲・態度)

  • 衣生活・住生活の質の向上に関心を持ち、社会における自らの役割と責任を自覚できる。

  • 衣生活や住生活環境をライフスタイル、安全性、快適性などから多角的に捉えて、様々な人々とのコミュニケーションや協働が意欲的に行える。

(技能・表現)

  • 快適な生活や環境の実現に向けて、具体的な方法や工夫を反映できる。

  • 提案や成果物を他者にわかりやすく表現し説明できる。


教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)



(知識・理解)

  • 被服・住居を学ぶ上で基礎となる科目と、さらに専門的な分野からなる科目を配置している。

  • 被服学では、衣素材系、衣造形系、服飾・文化系、流通・消費系の科目を、住居学では、住生活系、計画系、設計・デザイン系、構造・生産系の科目を配置して総合的に学べる構成としている。

(思考・判断)

  • リポート課題は、知識の確認のほか、思考力や判断力を深めるために、自らの考え方や課題を論理的に記述するテーマを提供する。

  • 制作、実習、実験などを通して、何が適切な作業かを判断する機会としている。

(関心・意欲・態度)

  • リポ―ト課題は、テキストをもとに、自らの生活や地域社会の問題解決に繋がるものを提供する。

  • スクーリングでは、意見交換やグループワークなどの協働の場を設け、他者の視点に関心を持ち、主体性をもって解決する機会としている。

(技能・表現)

  • リポート作成では、知識をもとに自己の表現で論理的に記述し、図表や画像、絵なども用いて的確に表現できるように促している。

  • 実践的な技能が習得できるよう、スクーリングにより制作、実験・実習科目を置き、自分の意見や成果物を発表する場を設けている。

(その他)

  • 中学校教諭一種免許状・高等学校教諭一種免許状「家庭」の取得に必要な「教科に関する科目」を配置する。

  • 「繊維製品品質管理士」(TES)の受験対策科目を配置する。

  • 二級・木造建築士試験指定科目を配置する。


入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)



(知識・理解)

  • 生活に関する幅広い知識を習得し、生活をより快適にしたい人。

  • 卒業・資格取得・生涯学習などの目的を明確に持つ人。

(思考・判断)

  • 生活と仕事のバランスを考えながら、自分に適した学修計画を作成できる人。

(関心・意欲・態度)

  • 通信教育という方法の学修を主体的かつ積極的に進める意欲のある人。

(技能・表現)

  • 家庭生活や地域、社会へ学修成果の還元を目指す人。

  • 物づくりに興味のある人や制作したい人。


取得できる資格



  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(家庭)
  • 学校図書館司書教諭
  • 木造建築士・二級建築士(受験資格)



教員からのメッセージ



生活芸術学科 被服学
工藤千草特任教授

 繊維製品品質管理士(TES)の資格取得関連科目を担当しています。衣料品のほとんどが海外で製造され、その品質管理などのために、TESはファッションやアパレル業界の必携資格といわれています。大学の被服に関する知識を身に付ければ、資格取得だけではなく、仕事や家庭でも、あなたの実力を発揮できるでしょう。通信教育での学びは、様々なご苦労があると思いますが、基礎知識や最新の知識を学んで、ステップアップしていただきたいと思います。自身のペースでじっくりと、一緒に学んでいきましょう。

 




生活芸術学科 住居学
浅見美穂特任教授

 私は建築士として住宅設計に携わる中で、居住者の生活に基づく住居学的アプローチの重要性を痛感しています。ライフスタイルが多様化し、生き方を自分で選択、実現できる今日では、どのように学び、暮らすかは一人一人違い、住宅においても多様なものになっています。皆さんの中には、年齢による学習への不安を抱いている方もおられるかと思いますが、学びたいと思った時こそが、多くの知識を吸収でき実りある成果を出せると信じ、共に歩みましょう。



教員紹介