メニュー


同窓会 若葉会



 1901年、日本女子大学附属高等女学校が開設されました。
 その第1回生卒業の1907年に日本女子大学校創設者、成瀬仁蔵が会長となり「若葉」と命名し、この会は発足いたしました。
 現在は「同窓会若葉会」として、多くの先生方のご指導と、多くの会員の協力、努力により100年以上の年月を歩み続けております。

 この会は、同じ学び舎で学んだ方々の絆を大切にしっかりと繫ぐ会であり、卒業回生毎に各クラス2名ずつ幹事を決め本会を支えています。総会、もみじ祭バザーへの寄付、同窓会誌への寄稿等の活動に進んでご参加ください。



校章
上:高等女学校 下:中学校、高等学校

同窓会誌



総会

もみじ祭



会員



正会員: 日本女子大学附属高等女学校及び高等学校卒業者
その他、特志会員・客員を設けております



本会の目的



会員の伸展向上を図り、相互の連絡・親睦を密にし以て母校の発展、及び、社会福祉の増進に貢献する。



主な活動



総会の開催(6月第2土曜日)
 - 会計報告
 - 活動報告
 - 懇親会
 - (活躍する若葉会員による講演)

もみじ祭に参加(10月最終土・日曜日)
 - バザー等

卒業生への記念品贈呈

同窓会誌「わかば」の3年毎の発行