通信教育課程 大学・大学院 学習についてスクーリング(面接授業)

スクーリング(面接授業)



教室で授業を受ける「スクーリング科目」



  • Step1
     
    登録

    開講期ごとに設定された日程により登録

  • Step2
     

    受験許可・不許可通知の発送・費用の請求

  • Step3
     

    受講費用の納入

  • Step4
     

    受講票の発送

  • Step5
     
    受講に向けての準備

    (1)『授業概要』を再確認

    (2)授業計画を把握

    (3)準備学習の実行

    (4)使用教科書を入手し、読んでおく

    (5)事前課題を済ませる

    (6)持参するものを準備

    宿舎の手配など個人的な準備も!

    準備は万全に!

  • Step6
     
    スクーリング授業開始

    (1)学生証と受講票を必携

    (2)通学したら毎回掲示板を確認

     -初日は教室確認必須-

    (3)指定の教室で授業を受ける

    午前は 9時00分から12時55分

    午後は13時55分から17時50分

    それぞれ1回の休憩時間あり

  • Step7
     

    ◆スクーリング全日程・全時間出席

    ◆課題やレポート、最終日の筆記試験など科目ごとに定められた方法で評価を受ける

  • Step8
     

    成績通知書発送

  • Step9
     

    スクーリング科目の合格=単位修得




概要



 通信教育課程では教室等の施設内で教員が対面で担当する授業をスクーリング科目として開講しています。自宅等での独習では履修し得ない実験・実習・実技科目のほか、語学学習や学生間の討論・映像資料などを取り入れた演習科目、模擬授業等を伴う教職に関する科目などを中心に、直接授業による効果が見込める科目を中心に開講しています。



種類



 スクーリング科目は開講時期・形態などにより次のとおり分類しています。





時間割



午前科目  9時00分から12時55分
午後科目 13時55分から17時50分
終日科目  9時00分から17時50分(昼食休憩 12時55分から13時55分)
午前/午後とも、途中10分間の休憩時間を設けています。




 


夏期スクーリング


 毎年度8月を中心とした連続4週間にわたるスクーリングです。一部の科目を除き、月曜から土曜まで連続6日間の午前または午後に開講します(全4期受講により最大8科目の履修可能)。毎年度約90科目を提供しています。

 また、卒業見込の4年次学生を対象に軽井沢卒業セミナー本学三泉寮(長野県軽井沢町)で2泊3日の必修のスクーリング科目として開講します。学長等による講話、各学科教員が中心となって進める演習や討論、全参加者の前で行う発表等を通じて通信教育課程での学習の総仕上げをします。日常生活を離れ、静寂な環境での思索などを含め、通信教育課程卒業後も記憶に残る授業となるでしょう。


  2018年度夏期スクーリングの時間割は未定です(2018年2月末頃に掲載予定)。


土曜スクーリング


 前期(6月から7月)・後期(11月から12月)の連続した土曜日6日間の午前または午後に開講します。外国語を中心とした演習科目のほか、学科科目の一部(実験・実験・実習)約20科目を提供しています。


  2018年度土曜スクーリングの日程は未定です(2018年2月末頃に掲載予定)。


集中スクーリング


 連続6日間のスクーリング受講が難しい学生のために2日から4日の短期集中型の授業を開講します。土曜・日曜・祝日を中心に時間割を組み、より多くの学生が受講できる教養科目や他学科生履修可とする学科選択科目、年度後半には教育職員免許状取得を目指す学生を対象とする科目を提供しています(毎年度約15科目)。


  2018年度集中スクーリングの日程は未定です(2018年2月末頃に掲載予定)。 


夜間スクーリング


 前期または後期の月曜~金曜の同一曜日の夜間に週1回の授業を15週にわたり開講します。

 2017年度の開講はありません。2018年度の開講予定は2018年2月末頃に掲載します。


通学科目スクーリング


 通学課程の教養科目・家政学部共通科目/学科科目・キャリア形成科目の一部が所定の条件を満たした通信教育課程の学生に提供されます(原則として各科目5名まで)。具体的な提供科目等の情報は「女子大通信」に掲載します。半年間、目白キャンパスに毎週通学できることが必須条件です。

 教職に関する科目・教科に関する科目を履修しても教育職員免許状の申請には使えません。