メニュー


学校の歴史



創立当時の校門 [1901年頃]

高等女学校 動物の授業 [1910年頃]



高等女学校生徒による運動会の応援
[1937年]

生物の授業 [1957年頃]



旧校舎から新校舎へ机と椅子を運ぶ高校生 [1979年]



1901年 (明治34年) 日本女子大学校の開校とともに附属高等女学校が開校される。
1906年 (明治39年) 附属豊明小学校・幼稚園が開校される。
軽井沢三泉寮が開寮される。
1919年 (大正8年) 成瀬仁蔵告別講演が行われる。
1947年 (昭和22年) 附属高等女学校を母体に目白に附属中学校(新制)が開校される。
1948年 (昭和23年) 附属高等女学校を母体に西生田に附属高等学校(新制)が開校される。
1948年 (昭和23年) 日本女子大学(新制)が発足される。
1961年 (昭和36年) 日本女子大学、大学院の拡充が始まる。
1979年 (昭和54年) 西生田キャンパスに中高合同校舎(現在の校舎)が完成する。
1990年 (平成2年) 西生田キャンパスに日本女子大学人間社会学部開設される。
1993年 (平成5年) 第一回ニュージーランド国際交流が行われる。
1996年 (平成8年) 西生田成瀬講堂が竣工される。
2001年 (平成13年) 日本女子大学が創立百周年を迎える。 また、附属高等女学校の開校からも100年目を迎える。
2002年 (平成13年) アフガニスタン女性教育支援プログラムへの取り組みを開始する。