メニュー


学校概要




建学の精神と学校の特色


本学の創立者 成瀬仁蔵は、女子高等教育の方針として次の三点をあげています。
女子を人として教育すること
女子を婦人として教育すること
女子を国民として教育すること
日本女子大学が創立された1901(明治34)年の当時は、あらゆる面で男女の不平等がみられ、女子の高等教育に対する一般の理解も、きわめて低い時代でした。
そのような時代において、わが国で最初の組織的な女子高等教育機関である日本女子大学校を開校した成瀬仁蔵は、人格教育を基本とした女子高等教育のモデル校として、本学の発展と充実に努めました。
また成瀬仁蔵は没する直前に、その教育理念を集約した三綱領「信念徹底」「自発創生」「共同奉仕」を遺します。自らの人格を高め、使命を見出し、全身全霊を尽くして前進することを示す「信念徹底」。各自の創造的能力の尊重と開発に努める「自発創生」。より良い社会をつくるための連帯感と協調を図ることを教える「共同奉仕」。
それは広い意味でのヒューマニズムといえます。
個を尊重し、またそれによって各々の国家・民族の持つ社会や文化の特色を認識し、国際的連帯と、平和の確立を図る――そのような社会の実現に向け、今後、益々期待される女性の役割を果たすべく、日本女子大学は力強く前進し続けます。



校章について



附属高等学校 校章

1952(昭和27)年、5回生の3年次から募集した図案を参考に、当時の東京芸術大学教授 高村豊周に依頼し制作されました。



附属中学校 校章

附属高等女学校の校章を引き継いでいます。
高等女学校では1934(昭和9)年から校章を用いました。
やはり桜と楓が用いられ、まわりの模様は若葉を表します。中央の文字が「高女」から「中学」に変更されました。