通信教育課程 大学・大学院 ニュース・お知らせ【重要】2020年度日本女子大学修学継続緊急支援金について(二次募集)
2020/10/30
在学生の方

【重要】2020年度日本女子大学修学継続緊急支援金について(二次募集)



 新型コロナウイルス感染症の影響により、家計が急変した世帯の通学及び通信教育課程の学部生・大学院生のうち、次の(1)、(2)の要件をいずれも満たす方が対象となります。

 ただし、2020年度休学者、2020年度退学等による離籍者及び前回採用となった方、科目等履修生の方は対象となりません。

 

 (1)国や地方公共団体が、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による収入減少があった者を支援対象として実施する公的支援の

  受給証明書の提出があること又は、事由発生後の所得が昨年の所得と比較し1/2以下となっていることが証明できること。

 (2)生計維持者の今年の所得見込みが給与所得者の場合は841万円以下、給与所得者以外の場合は355万円以下(※1)である

  こと。(生計維持者が2名の場合は合算)

 ※1 所得基準

 給与所得者は、今年の収入金額(支払額)が841万円以下、

 給与所得者以外は、今年の所得(必要経費を引いた金額(確定申告書における所得金額))355万円以下

 

■支援内容

授業料又は施設設備費から学校種により次の(1)~(3)のいずれかを減免する。

(1)通学課程の学部生及び大学院生                          20万円

(2)通信教育課程の大学生及び大学院生                      8万円

(3)附属校園の生徒、児童及び園児                          20万円

 

■提出書類

①及び②…大学公式ホームページからダウンロードし、全員提出してください。

③…該当する書類がある方は提出してください。

④…全員提出してください。

 

 ①提出用確認シート(本人チェック欄に☑を入れてください)

 ②修学継続緊急支援金申請書

 ③公的支援の受給証明書(受給されている場合のみ)

  ・新型コロナウイルス感染症の影響により収入減少があった者を支援対象として実施されたものに限る

 ④家計急変等がわかる資料(コピー可)

  a.家計急変前の経済状況を示す書類

  b.家計急変後の経済状況を示す書類

  ・a.bともにすべての生計維持者分を提出してください。 

注 意

◆④「家計急変等がわかる資料」の具体例

a.家計急変の経済状況を示す書類

生計維持者の家計急変前の収入の状況がわかる証明書

※お住まいの市区町村で発行された最新の「所得証明書」または「非課税証明書」を提出してください。

自営業者の場合、:確定申告書(第一表と二表)の控え(税務署等の押印があるもの(e-taxで申請している場合は、申請受付ページの画面等のコピー)

 

b.家計急変の経済状況を示す書類

生計維持者の家計急変後の収入状況がわかる証明書

・給与所得者の場合:「給与明細書のコピー」(家計急変のあった月以降~現在)または「年収見込み証明書」(いずれも現在の勤務先発行)

・自営業者の場合:「帳簿等のコピー」(家計急変のあった月以降~現在)

生計維持者が2名の場合、一方が急変していない・所得がない場合も、2名分のa.b.の資料を提出してください。

所得が0でb.の書類が提出できない場合は所得がないことを記載した書類(申請者の学籍番号と氏名を明記、書式自由)を提出してください。

 

◆場合によって、①~④の書類以外にも追加の書類を求めることがあります。

 

■審査結果について

提出書類に基づき審査を行い、対象者を決定します(審査結果は12月中旬頃通知予定)。

減免・返金の手続きについては別途、経理課よりお知らせいたします。

 

■提出先

郵送のみでの受付です。通信教育課窓口で直接提出は出来ません。必要書類を簡易書留等記録の残る方法で提出してください。

封筒の表面に赤字で「修学継続緊急支援金 申請書類在中」と記載してください。

 

<提出先> 〒112-8679 東京都文京区目白台2-8-1  日本女子大学通信教育課  

 <締切> 2020 年11月20日(金曜)必着

 

 ■問い合わせ先

日本女子大学 通信教育課

電話 (学部)03-5981-3212/(大学院)03-5981-3220

受付時間 月~金 10:00~16:00  土 10:00~11:30