メニュー




成瀬記念講堂





成瀬記念講堂は1906(明治39)年に「豊明図書館兼講堂」として建設されました。建設当時、外壁は煉瓦壁でしたが1923(大正12)年の関東大震災で大きな被害を受けました。しかし翌年には内部の造作を残して外壁および間仕切りの煉瓦をすべて取り除き、木造建築として再建されました。修築された講堂は、内部は創建時の部材を丁寧に保存・使用しており、特に木骨トラスやステンドグラスなどは創建時のままです。
その後1961(昭和36)年に創立60周年記念事業として補修工事が行われ、この時から創立者成瀬仁蔵の名を冠して「成瀬記念講堂」と改名されました。



設計は、日本近代建築界で非凡な才能を期待された清水組(現清水建設株式会社)の技師・田辺淳吉によるものです。特にステンドグラスは彼の作品のほとんどに見られるもので、その最初のステンドグラスが、この講堂にあります。
壇上に掲げてある3つの扁額は、創立者成瀬仁蔵晩年の書「信念徹底」「自発創生」「共同奉仕」で、本学の三綱領となっています。中央に設置してある「成瀬仁蔵胸像」は高村光太郎の作品です。



この講堂は、西洋の教会堂を思わせる日本の洋風建築として、本格的なものであり、明治時代の学校建築として、また西洋文明受容の観点からも貴重な遺産として、1974(昭和49)年に文京区の有形文化財に指定されています。



百年館



百年館高層棟

百年館低層棟入り口


1階ロビー

屋上庭園「泉フロートガーデン」



創立百周年記念事業の一環として、高層棟2001(平成13)年、低層棟2003(平成15年)に建設。キャンパス内で最初の高層建築となり、障害者対応のエレベーターや多目的トイレ(1階)などバリアフリー環境も整備しています。



高層棟は、理事長・学長室や生涯学習センターの他、家政学部、文学部の研究室や学生生活を支える学生課、教務・資格課、キャリア支援課など事務部門が入っており、学園組織と大学の中枢となっています。



低層棟には、AV機器が充実した教室やメディアセンターがあり、1~3階の教室は、本学公認サークルの課外活動でも使用しています。



低層棟屋上には、ハーブや季節の花々を目にすることができる空中庭園が整備されています。「泉フロートガーデン」と命名されたこの庭園は、学生たちの憩いの場となっています。



樟渓館




目白キャンパス構内の北東に位置する樟渓館は、1926(大正15)年10月に、総合大学の予科であった高等学部の教室として建設されました。当初、新館と呼ばれていましたが、戦後、総合大学建設事業に力を注いだ麻生正蔵第2代校長の雅号より「樟渓館」と呼ばれるようになりました。建物は西側3教室や北側3階の増築、数々の補修工事を繰り返し、現在に至りますが、全体として当時の面影を残しています。校舎内には、児童学科図工室、住居学科設計スタジオ・環境設備実験室、クラブルーム、和室、スタジオ等があります。



香雪館





1965年に、香雪化学館と図書閲覧室を取り壊した跡に、普通教室として建設されました。
香雪化学館を記念して「香雪館」と命名。
1968年に増築され、5階建て延べ3602㎡、大小普通教室等23教室あり、
4階と5階には300名以上収容可能な階段教室が入っています。
本学公認サークルの課外活動でも使用しています。



泉山館






主に家政学部、理学部の実験室・研究室として使用しています。



七十年館



>学生サロン

学生サロン



学生食堂

学生食堂

学生生協

学生生協



多目的トイレ

多目的トイレ

4階トランクルーム

4階トランクルーム


創立70周年を記念して1974(昭和49)年に建設。 2007(平成19)年4月より、内装をリニューアルし、学生サービススペースとして拡充。



障害者対応エレベーターや2階には多目的トイレを設置しています。 1階から3階までは、「学生食堂」や「学生サロン」「大学生協カウンター」などサービススペースの他に学生の自主的な活動による学生作品の展示スペースとして、ギャラリーが設けられています。



4階には本学公認サークルのクラブスペースやトランクルームの他、学生自治会室や学園祭実行委員会室、 クラブ連合会室、学生のための印刷室や会議室、更衣室等課外活動のための各種施設を整備しています。



5階、6階は、家政学部食物学科の調理実習室、研究室として使用しています。



八十年館



八十年館外観

学生サロン



ギャラリー


80周年記念事業の柱として計画され1982(昭和57)年に建設。
障害者対応のエレベーター、6階には車椅子トイレなどバリアフリー環境も整備しています。



1階から8階まで、主に家政学部、理学部の実験室、研究室として使用していますが 5階には300名以上収容可能な階段教室もあります。



地下1階には、学生の自主的な活動による学生作品の展示スペースとして、ギャラリーが設けられています。
また、1階にある「八十年館学生サロン」はインテリアにもこだわっており 自習や読書ができる落ち着いた空間となっています。


図書館



図書館外観

正面玄関



書架

参考図書コーナー閲覧席(2階)



閲覧席(3階)



1964(昭和39)年に、60周年記念事業の大きな柱として完成しました。当時としては珍しい全開架式。
1973(昭和48)年に5・6階を増築して現在の形となっています。
入口に段差解消機や4階に多目的トイレを設置しています。
学生の自主的な研究を助ける施設として約60万冊に及ぶ蔵書を所蔵しています。





新泉山館 国際交流施設





平成15年1月に「国際交流施設等校舎」として建設が始まった本校舎は、「新泉山館」と命名されて平成16年6月に竣工しました。



目白通りに面したガラスの玄関から内部に入ると、3階分吹抜けているエントランスホールがあります。この吹抜けを囲んで、1階には国際会議・学会・講演会の利用が考えられている195人収容の大会議室や目白通りに面した談話室、2階には60人収容の会議室が2室あります。1階の大会議室は天井の高さも高くゆったりとしたメモ台付の椅子が並び、最新の視聴覚設備が備えられています。3階には玄関の吹抜け上部のガラスのブリッジを渡ってゆく共同研究スペースがあります。4・5・6階には、児童学科の研究室が入っています。また、1階には児童学科の研究施設として行動観察室2室、地階にはピアノ練習室が18室あります。



7・8階には、国際交流施設として短期利用の宿泊室が12室あります。宿泊室の構成は、和室が1室、ツインベッドの洋室が9室、リビングルームとツインベッドルームが組み合わされたファミリールームが2室となっています。 国際連携の密度が大学の価値として問われるようになった現在、学園の国際連携プロジェクトの拠点として、この建物は今後、新世紀らしい役割を果たしていきます。



第一体育館




体育の授業や本学公認サークルの課外活動で使用しています(1,113㎡)。



第二体育館






体育の授業や本学公認サークルの課外活動で使用しています(864㎡)。



テニスコート





人工芝生のコート2面、全天候型のコート4面があり(夜間照明設備有り)。
体育の授業や本学公認サークルの課外で活動使用しています。