保健管理センター

【感染予防について】(2021年9月30日)

本学では、感染予防のため、以下の対策を講じています。

(1)日本女子大学・大学院の行動指針に基づき、3密を避けるため、入構制限を行っています。
(2)入構の際は、全員にマスクの着用を依頼しています。また、体調の悪い方には入構の自粛をお願いしています。
(3)建物の各入口に手指消毒用のアルコール消毒液を設置しています。
(4)文部科学省や東京都、神奈川県等の要請に従い、通常清掃に加えて消毒を行っています。
(5)飛沫感染防止のため、事務室の窓口等にアクリル板やビニールシートを設置しています。
(6)建物の機械換気の他、窓や出入り口の開放など、建物内の換気を確保しています。
(7)対面授業で使用する教室は、一定の距離を保って着席するよう、着席不可とする席を設けています。

学生の皆さん及び本学に来校する方は、以下感染拡大防止へのご協力をお願いいたします。

(1)毎日検温し、「健康状態記録表」に記録のうえ、入構の際は同記録表を携行してください。
発熱等の風邪症状・新型コロナウイルス感染症を疑う症状が見られるときは、症状が消失してから少なくとも3日間、出校は自粛してください(【感染が疑われる場合について】を参照)。
(2)入構中はできるだけ不織布マスクを着用してください(マスクをしていないと入構できません)。ただし、熱中症には注意してください。
(3)石鹸による手洗い・咳エチケットを励行してください。
(4)キャンパス内外に関わらず、3密(密接・密集・密閉)を避けてください。3つの密が重ならない場合でも、リスクを低減するため、できる限り「ゼロ密」を目指しましょう。
(5)大学での用事が終わったら、なるべく早く帰りましょう。

【新型コロナウイルス感染症と診断された場合】(2021年9月30日)

保健所、医師の指示に従い療養してください。直ちに、本人または保護者から保健管理センターにお知らせください。 保健所又は医師の許可があるまで、出校できません。

保健管理センター:03-5981-3384
新型コロナウイルス感染症と診断された場合:PC・スマートフォン用入力フォーム

<出校再開について>
出校再開の際は、記録した「健康状態記録表」及び、「自宅待機・療養報告書」を印刷し、必要事項を記入して、保健管理センターへ提出してください。また、保健所など公的機関から発行された証明書や、医師の診断書がある場合は、その写しも合わせてご提出ください。

<お問い合わせ>
保健管理センター:03-5981-3384

【濃厚接触者に特定された場合】(2021年9月30日)

速やかに保健管理センターにお知らせください。
濃厚接触者に特定された場合:PC・スマートフォン用入力フォーム

保健所の指示に従い、健康観察、自宅待機、医療機関受診を行ってください。PCR検査の結果陰性だった場合でも、 新型コロナウイルス感染症と診断された者と最後に濃厚接触をした日から起算して2週間、出校は自粛してください。

毎日、体温を測定して、「健康状態記録表」に記録しておきましょう。
自宅での感染予防を徹底しましょう。
参考:【厚生労働省】

<出校再開について>

健康観察により、新型コロナウイルス感染症と診断されなかった方は、出校再開の際、記録した「健康状態記録表」及び、「自宅待機・療養報告書」を印刷し、必要事項を記入して、保健管理センターへ提出してください。また、PCR検査を実施した方は、PCR検査結果(コピー可)も合わせて保健管理センターへご提出ください。

<お問い合わせ>
保健管理センター:03-5981-3384

参考:【厚生労働省】「濃厚接触者の定義について」
濃厚接触者とは、陽性となった人と一定の期間に接触があった人をいいます。
一定の期間とは療養期間に加え、症状のある陽性者では発症日の2日前から、症状のない陽性者では検体を採取した日の2日前から療養を開始するまでの期間となります。この期間に、以下の条件に当てはまる方を指します。
◆同居している人
◆長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった人
◆適切な感染防護なしに患者(確定例)を診察、看護若しくは介護していた人
◆陽性者の気道分泌液や体液などの汚染物質に直接触れた可能性が高い人
◆マスクなしで陽性者と1m以内で15分以上接触があった場合
ただし、これはあくまで原則であり、その他あらゆる状況を聞き取った上で保健所が総合的に判断します。

【感染が疑われる場合】(発熱、味覚・嗅覚異常等の症状)(2021年9月30日)

毎日、体温を測定して、「健康状態記録表」に記録しておきましょう。

次の(1)~(3)の場合、速やかに保健管理センターにお知らせください。
感染が疑われる場合:PC・スマートフォン用入力フォーム

(1) 発熱等の風邪症状・新型コロナウイルス感染症を疑う症状が見られるとき
症状が消失してから少なくとも3日間、出校は自粛してください。
発熱等の症状が生じた方は、まずはかかりつけ医等の地域で身近な医療機関に電話等でご相談ください。
※ 院内感染を防止するため、緊急の場合を除いて、連絡なく医療機関に直接受診することは控えてください。
かかりつけ医がいないなど相談先に迷った場合は「受診・相談センター」(地域により名称が異なることがあります)にご相談ください。
相談・医療体制に関する情報や受診・相談センターの連絡先

PCR検査を実施した場合は、PCR検査の結果が陰性と判定されるまで、出校は自粛してください。出校再開は、 医師や検査機関の指示に従ってください。

(2)同居家族が濃厚接触者に特定されたとき
医療機関や保健所の指示に従い、健康観察と自宅待機をしてください。また、少なくとも、同居家族のPCR検査結果が陰性と判定されるまで、出校は自粛してください。

(3)濃厚接触者には特定されなかったが、念のため、不要・不急の外出を控えるように指示されたとき

<出校再開について>
健康観察により、新型コロナウイルス感染症と診断されなかった方は、出校再開の際、記録した「健康状態記録表」及び、「自宅待機・療養報告書」を印刷し、必要事項を記入して、保健管理センターへ提出してください。また、PCR検査を実施した方は、PCR検査結果(コピー可)も合わせて保健管理センターへご提出ください。

自宅での感染予防を徹底しましょう
参考:【厚生労働省】

<お問い合わせ>
保健管理センター:03-5981-3384


参考:【厚生労働省】