お知らせ

お知らせ

本学卒業生 漫画家・高橋留美子氏が、米国の漫画賞「ハーベイ賞」で殿堂入りを果たしました

本学卒業生で、漫画家の高橋留美子氏が、米国の漫画賞「ハーベイ賞」で殿堂入りを果たしました。
「ハーベイ賞」は米国の漫画家、芸術家で、ポップカルチャーのアイコンとしても知られるハーベイ・カーツマンの名を冠した賞で、1988(昭63)年に創設された漫画、コミック業界で最も権威のある賞の一つです。
高橋氏の殿堂入りは8日付けとなり、同殿堂には、日本からは2020年に手塚治虫氏が選出されています。
高橋氏は、1980(昭和55)年、本学文学部史学科卒業。
大学3年次の時に、小学館の「新人コミック大賞」に入選しデビューされ、在学中から連載された「うる星やつら」はヒット作となりTVアニメ化し、劇場版も製作されました。その後も「めぞん一刻」「らんま1/2」「犬夜叉」など数々の名作を生み続けています。

※他、主要媒体にも掲出されています。