お知らせ

お知らせ

学生のみなさんへ-夏季休暇期間中の注意事項-

思わぬ事故やトラブルに巻き込まれることなく、夏季休暇を有意義に過ごしていただくために、夏季休暇期間中も節度ある行動と、心身ともに健康な生活を心がけてください。また、学内外すべての活動において、本学学生としての自覚と責任をもってください。

1.コロナ禍における行動について

各自感染対策を怠らず、感染リスクを高める行動により感染を拡大させることのないよう注意を払ってください。

2.SNSの利用について

SNSを利用する際は、特性をよく理解して利用してください。一度発信した情報は、全世界に発信されます。投稿した発言や写真は、転送されたり、コピーが拡散されたりする可能性があります。さらに、投稿を削除した後でも、いったん拡散された情報は削除できません。たとえ匿名の投稿であったとしても、個人を特定することは可能です。Twitter等のSNSを利用するときは、設定を確認するとともに、個人情報の取扱いには十分に注意してください。また安易な画像のアップや書き込みなどは決してしないようにしてください。

3.飲酒、喫煙について

未成年(20歳未満)の飲酒・喫煙は法律で禁じられています。相手が未成年と分かっていて飲ませることや、飲めない人への飲酒の強要も重大な事故に繋がる危険な行為ですので、絶対にしないでください。周囲で止めに入らなかった人にも責任が生じます。

4.旅行等について

新型コロナウイルス感染症の影響により、旅行や合宿、海外渡航等を行う可能性は低いかと思いますが、様々な事情によりそれらを実施する場合は、事前に現地の状況をよく確認し、自分の安全を守るための情報を得ておきましょう。また、日程や滞在場所、連絡先等を必ず家族に伝えておいてください。万が一、トラブルに巻き込まれた場合には、大学にも連絡してください。

5.熱中症について

気温が高い、湿度が高いなどの環境条件と、体調が良くない、暑さに体がまだ慣れていないなどの個人の体調による影響とが重なることにより、熱中症の発生が高まります。熱中症は、屋外で活動しているときだけでなく建物内でも発症します。熱中症の症状や予防・対処についての正しい知識を持ち、緊急時に対応できるようにしておいてください。また、マスクを着用する機会が多くなっていますが、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるため、喉が渇いていなくてもこまめな水分補給を心掛けましょう。

2021年8月1日 学生生活部長