お知らせ

お知らせ家政学部

学科を横断した「異分野連携実践演習」 2020年度よりスタート! ~2020年度は食物学科と住居学科からスタートします~

 本学では、2016年からの4年間毎年テーマを変えて異分野を専攻する学生達が主体的に参加する演習を行ってきました。2016年度は地域包括ケアに関わる各領域教員による講演会、2017・2018年度は日本女子大学(食物学科・住居学科・心理学科・社会福祉学科)、東京女子医科大学、日本歯科大学の学生参加による事例に基づくチームアプローチの検討を行いました。そして2019年度はICTを活用してキャンパスの異なる学生が企画立案し、雑司ヶ谷地域のご高齢者をお招きして、レクリエーションとTea Time イベントを開催しました。
やすらぎ茶屋 (398.14 KB)

 そして、いよいよ2020年度からはこの取り組みを「異分野連携実践演習」として単位化することとなりました。実際に参加した学生からも好評であり、異分野との連携により、あなたの専門科目での学びが深まるとともに、視野や未来の可能性が広がります。2020年度は、まず食物学科と住居学科でスタートしますが、次年度以降は他学科や他大学の参加による拡大の可能性があります。