お知らせ

お知らせ

日本女子大学より2020年新年のご挨拶

新年のお慶びを申し上げます

日本女子大学 学長 大場 昌子

令和の時代初めての新年を迎えました。東京2020オリンピック・パラリンピックもいよいよ本年開催となり、活気に満ちた1年になることが期待されます。
日本女子大学は、創立120周年を迎える2021年の人間社会学部目白キャンパス一斉移転に向けて、目白新キャンパス建築計画および教育改革を進めておりますが、本年はその最終段階となります。教職員一丸となってゴールを目指し、新たなスタートを切ることができるよう努めてまいります。
昨年12月に発表された世界経済フォーラムによる「ジェンダーギャップ指数」では、日本は調査対象153か国中121位であり、前年の110位からさらに下がる結果となりました。
女性活躍を推進するために様々な施策が行われていますが、未だにこうした状況にある理由はどこにあるのでしょうか。その答えは簡単には求められないとは思いますが、女子大学こそが社会で活躍する女性を率先して育成し、支援していく使命を担っております。変化が激しい現代社会では、確かな判断のもとに主体的に行動する女性の力が求められているのです。
本学では、昨年6月にJWU女子高等教育センターを立ち上げました。教育改革、教育改善をはじめ、社会からの様々な要請にこたえうる大学として活動成果の公表とともに、新たな時代に向けた女子高等教育の観点から、本学独自の女子高等教育施策についても積極的な取り組みを行います。
日本女子大学は今年も社会的使命をさらに果たしていく所存です。
本年が皆様にとりまして幸い多い一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。併せて、本年も一層のご理解、ご協力を賜りたく、何卒よろしくお願い申し上げます。