メニュー


京都国立近代美術館で開催されるシンポジウムに内村准教授が登壇



 被服学科の内村理奈准教授が、8月31日(土)13:30より京都国立近代美術館で開催されるシンポジウム「ドレス・コード?-それぞれのファッション学の視点から」にシンポジストとして登壇します。3名のファッション学に関係する登壇者の中で、西洋服飾文化史の研究者である内村准教授からは、17~19世紀のフランスのドレス・コードとモードの関係について紹介する予定です。展覧会では、現代ファッションだけでなく、18世紀や19世紀の貴重な西洋の衣裳も展示されます。お近くの方は、ぜひお立ち寄りください。



京都服飾文化研究財団(KCI) ドレス・コード?ー着る人たちのゲーム HP

京都服飾文化研究財団(KCI) ドレス・コード?ー着る人たちのゲーム チラシ