国際文化学部の学び

学びの特徴

「国際力」「実践力」「発信力」を身につけ、「越境力」を育む

【1】多様な国際文化の学び

「国際文化」とは、「地域文化」「芸術文化」を全て包括するものです。本学部では、多様な言語(英語・ドイツ語・フランス語・中国語・韓国語)を修得し、その言語を使用する地域の文化を学ぶとともに、芸術文化からポップカルチャーに至る多彩な表象文化の理解を深めます。

【2】「脱教室・脱キャンパス型」の新しい学び

本学部では、「文化」という観点から国内外の社会課題の解決に貢献できる人材を育成します。そのために提供するのが、全員必修の「スタディ・アブロード・プログラム(海外短期研修)」(1年次)と「実践プログラム(海外・国内)」(2~3年次)という、「脱教室・脱キャンパス型」の新しい学びです。海外留学や国内研修で異文化を実際に体験しながら課題に取り組むことで、「国際力」や「実践力」を養います。


【3】発信力の養成

「実践プログラム(海外・国内)」の取り組みの成果を言語化し、2カ国語(英語・日本語)以上でICTを用いて発信します。こうして「発信力」を身につけることで、社会に開かれたコミュニケーション力と「越境力」を高めます。

カリキュラム

1年次では、全員「スタディ・アブロード・プログラム(海外短期研修)」に参加するほか、中長期的な留学を希望する学生は「留学準備演習」を履修します。
2年次より、多様な地域・領域の文化の理解を深める「世界と自己を知るための科目(専門科目)」(一部、1年次後期より履修可能)を履修しながら、「アカデミック・スキルズ」でICTも学びます。
2年次後期から3年次にかけては、全員「実践プログラム(国内・海外)」に参加します。そうした実践的な取り組みの成果を外国語(英語)で発信するのが、全員必修の「バイリンガル・コミュニケーション」です。
4年次には、それまでの教室内外での学びを通して身につけた、複眼的・論理的・国際的な観点から、自ら立てた問いを解決に導く取り組みの集大成として「卒業研究」を完成させます。

特徴的な科目の一例

〇スタディ・アブロード・プログラム(海外短期研修)

1年次に全員が履修する必修科目で、夏期休暇期間を利用して、原則2週間、日本国外での研修を行います。異なる文化・地域・言語を直接体験することにより、個々の専門分野への関心や問題意識を深めるとともに、理解・共感に必要な外国語のレベルを実地で経験し、さらなる学びへの導入とします。

学生は研修先の中から個々の関心・専門領域に合わせて一か所を選択し、事前・事後学修により経験を充実させ、また振り返りを経て学びを深めるとともに、その後の専門的な学修への意欲と基礎知識を修得します。

実習先:オックスフォード(英国)、ボストン(米国)、シドニー(オーストラリア)、南仏・パリ(フランス)、台湾、韓国、フエ・ハノイ(ベトナム)
スタディ・アブロード・プログラムのページ

〇実践プログラム
教室の外に問題や課題を見出し、解決する力を身につけることを目的とする脱キャンパス型の実習科目です。学生は全員、以下の3種類のプログラムのうちいずれかを選択します。

  • 実践プログラム(国内):国内の施設等を利用して実施するプログラム
    実習例:国際芸術祭、展覧会、美術館、寺社、文化遺産等の見学実習、ダンスなど身体を用いたパフォーマンスについてのワークショップ、地域文化と観光(本学が連携協定を結んでいる北海道日高振興局内の七町)など
    実践プログラム(国内)のページ
  • 実践プログラム(海外a):原則として語学力を問わず希望者全員が履修することができるプログラムで、半期の語学研修と現地調査
    実習先:アメリカ都市文化研究(コロンビア大学、ペンシルヴァニア大学、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の各大学附属の語学学校)、ナイアガラ国境地域文化研究(ナイアガラ・カレッジ)、フランス文化研究(西カトリック大学附属語学学校)、中国文化研究(河南師範大学)
  • 実践プログラム(海外b):語学力等の学内選考を経て、協定大学または認定大学へ留学するプログラム・協定大学一覧 
    ・実践プログラム(海外a/b)のページ

いずれも、事前学修において綿密な準備計画を練ったうえで、様々な現場・地域へおもむき、臨地の文化や社会を体験的に理解し、現場・地域の人々とともに思案し、解決を模索します。課題の発見・理解・解決の過程や結論について、ICT を活用して社会に向けて報告、発信します。

〇バイリンガル・コミュニケーション
2 年次後期から3 年次の間に参加した実践プログラムを通して得た学びや成果を互いに報告し合いながら、一人一人が自らの経験を総括し、その総括内容を外国語(英語)で表現、発信することを目的とした、全員必修の短期集中少人数セミナーです。
今後の展望や社会に対する問題意識も明確にしながら、総括した内容を外国語(英語)でICT を活用しながら表現し、広く発信できるようにします。

養成する人材像と想定される卒業後の進路

本学部では、

  • 多様な言語を修得したうえで、様々な地域・領域の文化を、複眼的・論理的・国際的な観点から理解することによって、既成の単一的な文化領域を超え「越境」する(=トランスカルチャーの)視座を身につけている人
  • 実践的な知と専門的な知識とを結びつけ、社会のフィールドにおける文化的課題に、他者と協力しながら取り組み、解決する能力を有する人
  • 実践的な取り組みの成果を言語化し、ICTも用いて社会に幅広く発信できる人

を養成します。こうした能力と専門性をもって、新たな文化の創造に積極的に取り組む人材を育成していきます。

【想定される卒業後の進路】
[国 際 系]グローバルに展開する企業、企業の国際部門、国際機関、国際NPO/NGO団体など
[芸 術 系]美術館・博物館の学芸員、芸術振興分野を担当する地方公務員・財団法人職員、アート・マネジメント業など
[メディア・観光系]放送業、ジャーナリズム、運輸・旅客業、観光業など

[ 取得可能な資格 ]博物館学芸員/司書/日本語教員養成講座/社会福祉主事/※社会教育主事(社会教育士)/※社会調査士 (※現在 取得を検討している資格)