修士論文

修士論文題目

2020年

●科学技術イノベーション文書の分析手法に関する研究
●プラスチックシンチレータを用いた線量検証システムの開発
●スパースモデリングを用いた電波干渉計の画像合成に関する研究
●無線センサネットワークを用いた予測的照明制御システム
●相互作用銀河NGC6240の星間ガスに関する観測的研究
●組み合わせ微分形式を用いたベクトル束の接続と曲率の理論
●Trivial knotのほどき方

  • ▼過年度

    <2019年度>
    ●吸着現象を表す数理モデルについて
    ●へびつかい座超銀河団の研究
    ●有料介護施設における平均入居年数の予測
    ●狭帯域無線通信を用いたエッジデバイスにおける画像認識手法の研究
    ●光無線給電への補償光学とラゲールガウスモードの適用に関する研究
    ●共分散行列が未知の多変量正規分布の母平均ベクトルのp>nでの縮小推定
    ●電気二重層トランジスタ構造を利用した金属電極と酸化亜鉛の接合における超伝導状態の探索
    ●弾性体の収縮運動を表す初期値境界値問題の弱解の存在について
    ●就業不能保険に関する考察
    ●X線遠回り反射現象を用いた格子ひずみの研究
    ●非フラーレン型有機薄膜太陽電池における電荷分離と電荷移動の理論的研究
    ●無線ビーコンを用いた児童引率支援システムの研究
    ●Laplacian matrixとresponse matrixに関連するグラフの幾何—rooted spanning forestの数え上げと復元問題—
    ●新科目「数理探究」に向けた教材開発~AIを使った文字認識と砂遊びの数学~
    ●Ergodic theory and Ramsey theory for trees

    <2018年度>
    ●渋滞現象に対するASEPモデルの解析
    ●ヨーロピアンオプションの評価式に関する考察
    ●LeoⅠ銀河群における矮小銀河の観測的性質及び超暗黒銀河の調査
    ●X線の遠まわり反射によるひずみ半導体の格子ひずみ評価
    ●回転面として得られるフロンタルの特異点について
    ●クラゲの年齢依存型増殖モデルについて
    ●ソレー効果に関連する実験を表す初期値境界値問題について
    ●X線トポグラフ法によるGaN結晶の評価
    ●等径超曲面とその幾何構造
    ●ラゲールガウスモード多重通信における分離フィルタの設計
    ●GaNの表面構造に関する研究
    ●自らの課題設定を重視した新科目「理数探究」向けの教材開発と実践 ~在庫理論と錯視デザイン~
    ●スピンクロスオーバー錯体の分子間相互作用
    ●金属/MoS2接合における界面超伝導

    <2017年度>
    ●Nb/ZnO電気二重層トランジスタ構造における電極・チャネル界面制御と超伝導近接効果
    ●絡み目の図のカンドル彩色
    ●Riemann多様体上の離散曲線と離散曲率
    ●プラズモン発熱による温度勾配の形成と分子凝縮
    ●X線トポグラフ法によるGaN結晶の評価
    ●相互作用銀河NGC3110の星間分子ガスの観測的研究
    ●多輝線観測によるオリオン分子雲の観測的研究
    ●ARインタフェースにおける入力動作識別に関する研究
    ●Delzant多面体のモジュライ空間上の距離関数の構成とその性質
    ●GaNの表面構造に関する研究
    ●人とエレベータの協調動作を促すIoTシステムの研究

    <2016年度>
    ●X線トポグラフ法によるGaN結晶の評価
    ●曲面の種数と関連する写像類群の研究—ジェンガゲームの最大種数と対称的ハンドル体群の表示 —
    ●X線の遠まわり反射による格子ひずみ評価
    ●ラゲールガウスビームの光無線通信への適用に関する研究
    ●反射高速電子回折法によるGaNの表面構造の研究
    ●無機・有機ハイブリッド薄膜におけるエネルギー移動と表面プラズモン効果

    <2015年度>
    ●X線トポグラフ法によるGaN結晶の格子面の傾きの可視化
    ●伝染病の伝播を記述する数理モデルの考察
    ●学習履歴データのラベルを考慮した可視化の検討
    ●売上高と広告・宣伝費との関係に対する数理モデルの考察
    ●反射高速電子回折法によるGaNの表面構造の研究
    ●期間構造モデルに関する考察
    ●大型ミリ波サブミリ波干渉計による系外銀河NGC3256 中心領域の星間分子ガスの観測的研究
    ●2色図を用いた早期型星の探査
    ●3次元球面の単体分割
    ●超曲面に対するAllendoerfer—Weilの定理について
    ●周期的銀ナノ構造の表面プラズモン効果が与える有機分子ハイブリッド薄膜の光物性
    ●X線トポグラフ法によるGaN結晶の欠陥評価
    ●ダブルゼータ関数の零点に関する数値解析的研究

    <2014年度>
    ●Hull—Whiteモデルの考察
    ●GPSと無線LANを用いた位置推定精度向上に関する研究
    ●アントラセン分子と金属微粒子を含むハイブリッド薄膜の光物性:プラズモン効果とその発光メカニズムの解明
    ●C16TABを用いた有機太陽電池の特性評価
    ●InAs/InGaAsP 量子ドット半導体の量子準位の検討

    <2013年度>
    ●シロイヌナズナでのクロロフィル形成と環境条件との関係
    ●多項ツリーを用いたデリバティブ価格に関する考察
    ●SQUIDをセンサとする磁界通信の研究
    ●C16TABを用いたヘテロ・ホモ接合素子の特性評価
    ●InAs/InGaAsP量子ドットの発光現象の解析
    ●光無線における通信品質向上に関する研究
    ●スパッタリング法を用いたYBCO薄膜の作製及び加工の研究

    <2012年度>
    ●離散対数問題に於けるρ法の改良
    ●自明結び目をほどく基本変形
    ●渋滞理論における数理モデルの考察
    ●絡み目の rectangular diagram の Cromwell 変形を Reidemeister 変形で実現する
    ●磁気センサSQUID周辺の磁界シミュレーション
    ●複数の指標に基づいたクラスタ数自動決定に関する研究
    ●超伝導体の反磁界特性の測定—応用物理学実験における定量化

    <2011年度>
    ●Collatz予想のある一般化に関する仮説の検証について
    ●量子ドット構造半導体の光励起発光スペクトルの考察
    ●学習支援システムに向けた学習状況推定のための瞳孔反応の解析
    ●タンパク質水溶液の相分離と結晶化の競合
    ●高精度2次元位相計測システムに関する研究
    ●C16TABを用いたホモ接合、ヘテロ接合素子の特性評価
    ●ベローゾフ・ジャボチンスキー反応の数理モデル
    ●光導波路の構造パラメータの導波モードを用いた考察
    ●すばる望遠鏡によるペガサス座矮小不規則銀河のハロー構造と星形成史の解明
    ●半導体量子構造におけるトンネル時間の研究
    ●Collatz予想のfractalとしての観察と考察

    <2010年度>
    ●小惑星の宇宙風化作用によるカラー変化の解析
    ●ジョセフソン弛緩発振回路の研究
    ●水の波の分岐問題における非対称解について
    ●光無線を用いたアダプティブ通信による行動支援システムの構築に関する研究
    ●音データの圧縮に対するWavelet基底の適応性
    ●量子構造半導体のフォトルミネッセンス特性
    ●楕円曲線暗号とその安全性

    <2009年度>
    ●共生・競争方程式
    ●交代絡み目の外部内の本質的曲面
    ●飽和型捕食者・被食者補完方程式についての考察
    ●動画像を対象とした超高速光相関システムに関する研究
    ●大気揺らぎを考慮した衛星-地上局間光通信用シミュレーターの開発に関する研究
    ●ウェーブレット基底を利用したMRA(多重解像度解析)へ向けて
    ●鉄系新超伝導体の固有ジョセフソン接合の作製と輸送特性測定
    ●適応型eラーニングに向けた学習履歴データの分析と可視化に関する研究
    ●低温環境における電界効果トランジスタの特性測定と増幅器の作製
    ●CTABで形成した有機半導体の電気・光学特性
    ●カラー記録用ランダムパターン光多重記録システムに関する研究
    ●フーリエ級数とそのいくつかの応用

    <2008年度>
    ●DLSによるC12E5水溶液中のミセル形態の温度・濃度依存性の検討
    ●Si(111)7×7表面上の構造解析とSi(111) —Ag表面上のSiの成長過程
    ●高分解能光スペクトル制御による超高速光ラベル処理に関する研究
    ●位相ロック型光波干渉計測システムの構築に関する研究
    ●Gelfand の表現定理について
    ●炭化させたチキンの抗変異原性発現機構の検討
    ●文書解析を用いたeポートフォリオにおけるキャリア支援機能の開発と評価
    ●反射高速電子回折(RHEED)によるSi(111) —(Ag,Au)構造と相転移
    ●SAXSによるDDAB 水溶液のラメラ・ラメラ相分離挙動の検討
    ●Lens space 内の crosscap number 最小の non-orientable closed surface
    ●ホログラフィック光ディスクを用いた全光型超高速相関システムに関する研究

    <2007年度>
    ●ヒドロキシプロピルセルロース(HPC)水溶液の相分離形態とその挙動
    ●液晶マイクロエマルジョンの相転移挙動とダイナミクス
    ●レンズ型銀河IC335の3次元構造
    ●n-Hexadecyltrimethylammonium Bromideで形成した有機半導体の解析
    ●計量から見た回転面上の幾何学
    ●ジョセフソン接合を用いた超伝導発振回路の研究
    ●市販CCDカメラと小望遠鏡による教育用測光システムの構築
    ●3次元情報を用いた光認証に関する研究
    ●ホログラフィック多重記録による全光型相関演算システムに関する研究
    ●光空間通信における双方向時分割多元接続方式の研究
    ●位相型フィルタを用いた顔認証アルゴリズムに関する研究
    ●光機能デバイスを用いた超高速光信号処理に関する研究
    ●量的形質座位の区間マッピングに関する統計的手法について
    ●Banach 環を用いたスペクトル論

    <2006年度>
    ●導波路型光波シンセサイザを用いた光多重ラベル処理に関する研究
    ●小惑星 773 Irmintraud の変光曲線の解析と形状推定
    ●量子井戸構造のルミネッセンス特性
    ●多次元データにおける多変量正規分布の母数の検定問題に関する研究
    ●位相制御を用いた近赤外用体積型屈折率変調格子の作製と応用に関する研究
    ●散乱光と反射光のスペクトルの色彩からの考察とその応用
    ●Allee効果を考慮したLotka-Volterra競争系方程式
    ●ある種の超関数の解析接続と特異点の解消およびそのフーリエ変換
    ●ウェーブレットと多重解像度解析に関する研究
    ●パラメータを持つ超関数の複素領域への拡張
    ●全光型相関演算を用いた超高速顔画像認証に関する研究
    ●厳密結合波解析を用いた微細反射防止構造の設計・評価に関する研究
    ●自然石を用いたランダムパターン光多重記録に関する研究

    <2005年度>
    ●密度依存・飽和型 捕食者・被食者方程式についての考察
    ●標準セルを用いた単一磁束量子インタフェース回路の設計
    ●厳密結合波理論を用いた微細表面レリーフ格子の解析と応用に関する研究
    ●可視域アレイ導波路回折格子を用いた小型分光センサの設計と評価に関する研究
    ●ジョセフソン接合を用いた巨視的量子効果に関する研究
    ●いくつかの独立なポアソン分布の平均の同時推定問題
    ●多変量正規分布の平均ベクトルの信頼領域に関する研究
    ●微細フォトポリマー屈折率変調格子の設計・作製の最適化とすばる望遠鏡用高分散素子への応用
    ●多重データベースを用いた顔認証システムの高性能化に関する研究

    <2004年度>
    ●すばる望遠鏡主焦点カメラによる『うみへび座第1銀河団』の測光
    ●液晶マイクロエマルジョンの相挙動とダイナミクス
    ●物理情報教育システムの研究—数式課題採点システムの基本検討—
    ●ネットワーク社会における携帯電話顔認証システムに関する研究
    ●Fiber Bundle を用いたホログラフィック動画像記録に関する研究
    ●超伝導スピン偏極接合の磁場応答特性に関する研究
    ●3次元モデルを利用した顔画像データベースに関する研究

    <2003年度>
    ●高効率屈折率変調格子の作製と天体観測用高分散分光素子グリズムへの応用
    ●素数を法とする高速フーリエ変換を用いた多倍長整数の乗算
    ●リオトロピック液晶と水溶性高分子混合系における相挙動の検討

    <2002年度>
    ●GaN系半導体におけるキャリア輸送解析の研究
    ●語彙数の推定問題
    ●スパッタリング法を用いた酸化物高温超伝導薄膜の作製に関する研究
    ●ニューラルネットワークの研究 Hopfieldモデル・Back-propagation法
    ●フォトニックネットワークにおける時空間変換を用いた全光ラベル認識に関する研究
    ●LCST型相図をもつメチルセルロース水溶液の相分離挙動

    <2001年度>
    ●光学的認識システムとその性能向上に関する研究
    ●GaAs中の輸送現象におけるキャリア間相互作用の解析法の研究
    ●AOT系液晶マイクロエマルジョンにおける新しい相構造の解明に関する研究
    ●バイオリオプティクスとフォトニックネットワーク用デバイスに関する研究
    ●電流パルスに対する電磁場の過渡応答の解析—高速化と適用範囲の拡大—
    ●厳密結合波解析を用いた微細格子に関する研究
    ●二元合金の秩序・無秩序転移と二元混合物の相分離シミュレーション
    ●酸化物高温超伝導薄膜の電子デバイスへの応用に関する研究

    <2000年度>
    ●リプロン光散乱法による液体表面の分子吸着過程の研究
    ●ある2次元自律系方程式の解の安定性とその数値計算
    ●半導体微細構造における高電解効果解析法の研究
    ●マルチレベル回折光学素子の最適設計と性能評価に関する研究
    ●Joint Transform Correlatorを用いた光学的パターン認識とシステム応答速度の向上に関する研究
    ●電子励起アセチレン分子の振動準位構造と前期解離

    <1999年度>
    ●線形化熱対流方程式に関する逐次計算法とその収束
    ●電子励起アセチレン分子のungerade振動状態の赤外-紫外二重共鳴分光
    ●常微分方程式の解の安定性理論とそのブリュセレーターへの適用
    ●酸化物高温超伝導体トンネル接合の極低温における電流—電圧特性測定に関する研究
    ●光コンピューティングによる顔画像認識の研究
    ●化合物半導体における速度オーバーシュート現象の解析の研究

    <1998年度>
    ●実時間ハイブリッド光情報処理システムに関する研究—顔画像認識への適用—
    ●直線回帰変化点模型の統計解析
    ●ベギ型特異点をもった関数の正則化
    ●微小バイナリ光学素子の基礎と光情報処理への応用に関する研究
    ●電流パルスに対する電磁場の過渡応答の解析—自由形状導体の解析に向けての機能拡張—
    ●リーマン幾何学における一考察

    <1997年度>
    ●Atkinによる素数判定法ーLispプログラムへの応用—
    ●アセチレン分子の光化学反応素過程のレーザー分光
    ●統計的推測における近似分布の利用について
    ●電流パルスに対する電磁場の過渡応答の解析—基本計算手法の確認—
    ●Talbot効果を用いた波面制御素子
    ●A note on a surface of revolution with many poles