メニュー


2018年度 中学校生活レポート



2年 自治の話(10月16日)



十月祭も終わり、日常生活が戻りつつある中で、2年生は全クラス揃って、町副校長先生から「自治について」のお話を伺いました。ご自身の経験をもとに、自治の魅力や、自治がないと学校や生徒はどうなってしまうのかということなどをお話くださいました。

 

後半の時間は学年学活として、初めて6クラス全員で話し合いの時間を持ちました。先生のお話を受けて考えたことや、これまでの経験から自治に対して考えていることなど、意見交換が活発にできたように思います。

 

2年生はあと半年もすると先頭に立って学校を導いていく最上級生になります。2年生の後半は最上級生に向けて、「自治」について様々な視点で話し合いをしながら、個々の考えを深めていきます。

 

<生徒の感想>

自治活動と聞くと、どうしてもリーダーなどのまとめる人達に目が行きがちだが、そうではなく全員の協力があってこそのものだと感じた。委員会などの仕事内容がはっきり決まっており着実にこなしていくものと、話し合いのように形は決まっていないが広がりのあるものが活動にはある。私は、後者の方が難しいことだと思う。私は性格上、自分と友達の意見が異なっていたとしても譲ってしまうことが多々ある。友達とぶつかることをとても恐れてしまうのだ。けれど、自分の意見を突き通すことと、相手の意見を尊重すること、この2つが出来るようになれば話し合いもより良いものになることが分かった。責任がある分、不安も伴う自治活動だが、そこに自分の成長を見出せると信じて、積極的に活動に参加していきたい。 



副校長 町先生のお話を伺います

質疑応答の時間を持ちました



学年全体会では活発に意見交換ができました

選挙管理委員が運営を行います