メニュー


2018年度 中学校生活レポート



3年 目白で学ぶ1日(9月13日)



9月13日に、3年生を対象にして「目白で学ぶ1日」が大学の目白キャンパスを中心に行われました。

成瀬記念館の隣に移設された、創立者成瀬仁蔵の旧宅を見学(希望者)したあと、大学生と同様に自分の選んだ講義室に集合しました。

生徒は、自分の興味や関心に応じて選択した大学各学科の先生方による特別講義を、一人2講座受講しました。授業は専門的な内容でしたが、時には先生が自ら実験を行いながら、とてもわかりやすく解説して下さり、一貫教育を身近に感じ、将来を見つめる機会となりました。

昼食は椿山荘へ移動して、「テーブルマナー研修」を行いました。

近い将来役に立つであろうテーブルマナーについて、美味しい料理をいただきながら、しっかりと2時間かけて学びました。

 

2018年度 目白で学ぶ1日 特別講座

・「一遍上人と中世を旅する」   (文学部史学科 古川 元也先生)

・「物体の斜面における回転運動」  (理学部数物科学科 秋本 晃一先生)

・「赤ちゃんの発達心理学」  (家政学部児童学科 安藤 朗子先生)

・「色彩の心理学」  (人間社会学部心理学科 竹内 龍人先生)



移設された成瀬仁蔵の旧宅

綺麗に整備された旧宅内を見学



たくさんの聖絵を解説

赤ちゃん研究の最先端



実験も行いました

メニューはフルコース



招待状の返信法から詳しく解説

自ら食事を取り分ける場面も