メニュー


2018年度 中学校生活レポート



年間研究発表会 (2月19日)



本校の3年生は、3年間の集大成として自分が興味をもったテーマに沿って研究をする「年間研究」を行っています。4月から研究をはじめ、担当教員のアドバイスを受けながら、約1年かけて研究を進めてきました。その中の代表者が大ホールで発表を行いました。

発表者は自分で体験することを通して研究を深めていっており、3年生のみならずこれから研究を行う下級生も大いに刺激を受けたようです。

3年生全員の研究成果は2階の教室前に展示され、全校生徒が興味をもってその作品を見ています。

 

研究発表のテーマ

・ガイドブック作り~韓国の魅力、日本との違いは何か~

・倒立振子の製作とその動作特性

・自分だけのブランドを作ろう

・太陽系解明の歴史

・本を創る

・筋力トレーニング法

・おせちづくり~私だけのおせちを~

・日本の母子手帳が世界を救う~これからの日本の母子保健を考える~

 

続いて、3年生の代表者7名が英語のスピーチを行いました。英語の授業で作成した、さまざまなテーマで社会に訴える形式のKeynoteを用いながら、流暢な英語で全校生徒に訴えかけていました。

 

放課後は、年間研究のポスターセッションが行われました。3年生のみならず沢山の下級生が訪れ、興味を持った研究の発表を真剣に聞いていました。

 



「倒立振子の製作とその動作特性」の発表

自作の洋服を着ての発表



自作のおせち

英語スピーチ「Light Pollution」



英語スピーチ「GAFA」

生徒自作の本



ポスターセッションの様子1

ポスターセッションの様子2