メニュー


2018年度 中学校生活レポート



告別講演記念講演会(1月23日)



1月29日は、本学園の創立者である成瀬仁蔵が自身の死を悟り、目白の講堂(現・成瀬記念講堂)において、「告別講演」を行った日です。毎年この日を記念して、講演会を開催しています。今年は、理学部物質生物科学科教授 永田典子先生が「女子大で学ぶ意義~生物学から紐解くメスとオスの違い~」というテーマでお話をしてくださいました。まず、メスとオスの違いは何だろうという質問からスタートし盛り上がりました。まだ習っていない生物の単語なども出てきましたが、中学生にもわかるように男女差について丁寧に説明してくださいました。最後に女子校で学びリーダーシップの経験を重ねることが、社会に出たときにどのように活かされるのかを、生物学的に解説してくださいました。

 

 


永田典子先生による講演

町副校長と講演者の永田先生