メニュー


2021年度が始まりました
~始業式と入学式を行って~
<校長より>(2021/4/8)



桜から新緑へ

上級生が準備をしてくれました



入学式を行いました

三綱領を道標として



 生田の森の桜は美しく花開き、新緑が眩しい季節へと移り変わろうとしています。進級した第2学年・第3学年の生徒達は昨日(4月7日)始業式を行い、新入生は本日(4月8日)入学式を迎えました。
 新型コロナウイルスの収束が見通せない中での新年度の幕開けとなりました。しかし、本校の生徒達は、「感染拡大がなかったならば・・・」と考えるのでなく、「現実の世界をできるだけ楽しいものにできるように皆で話し合おう」「失敗や挫折を恐れず、先駆者となって道を切り拓いていこう」と前を向き、逞しく動き始めました。
 本日の入学式では、新入生のこれからの長い人生を俯瞰し、「どんな時にも絶望せず幸せを求めて生きていこう。なぜなら私達は皆、幸福になる権利があるからだ」と語りかけました。幸せになるためにこれからの高校生活をどのように送っていけばいいか、私から三つの提案 ――― 自分の大切にしたいことを見つける、しっかり学び行動する、自分だけでなく周りをも幸せにすることを考える ――― をしました。生徒達には、創立者成瀬仁蔵の遺した三綱領「信念徹底」「自発創生」「共同奉仕」を道標として、自ら考え学び、情熱を持って挑戦し行動していくことができる人に成長してほしい、今年度も幸せな毎日を過ごしてほしい、と切に願っています。
 2021年度も感染防止対策を講じながら、教職員一同、できる限りの工夫を凝らし最大限可能なことを追求して、より豊かな教育活動に取り組んでまいりたいと存じます。

校長 薄 由美