メニュー

採用情報

家政学部被服学科専任教員(教授、准教授または講師) 募集要項

1.所属

日本女子大学家政学部被服学科

2.職名・募集人員

専任教員(教授、准教授または講師) 1名

3.専門分野および担当科目など

[専  門 分  野] 衣環境学(被服衛生学)、被服材料学、繊維加工学
[担当授業科目など] 
学部:
衣と健康、衣環境学、繊維材料学(または衣材料学)、アパレル統計学、テキスタイル加工、機能アパレル論、
被服科学基礎論II、被服科学基礎論III、衣環境学実験、衣材料学実験、被服学総合演習、被服科学演習、卒業論文

大学院:
衣環境学特論、衣環境学演習、特別研究(修士)、生活環境論、生活環境論演習、特別研究(博士)

通信教育課程:
衣環境学

※記載したもの以外の科目を担当していただく場合があります。なお、2022年度の各科目のシラバスについては次のURLから検索してご確認ください
2022年度 各科目シラバス

4.任用予定日

2023年4月1日

5.勤務地

東京都文京区目白台 2-8-1 日本女子大学目白キャンパス

6.勤務形態

常勤(任期なし)

7.職務

担当科目の授業、大学運営に関わる委員会委員、入学試験に関わる業務、その他の学科運営に関わる業務、専門分野の研究など。

8.給与

本学規程による。交通費支給(ただし上限あり)。その他、詳細は面接時にお伝えします。

9.応募資格

  1. 本学および本学科の理念と目標を理解し、教育、研究、大学運営、社会貢献活動等に対して十分な意欲を有すること。
  2. 衣環境学(被服衛生学)、被服材料学、繊維加工学などの専門分野において業績があり、かつ当該専門分野の講義・演習科目の担当が可能であること。
  3. 衣料管理士(TA)資格および繊維製品品質管理士(TES)資格に理解があり、関連分野の素養が備わっていること。
  4. 学部・大学院の教育および研究指導を担当できること。
  5. 教育研究および大学運営等に関わる職務に支障のないこと、かつ職務を遂行するのに十分な日本語能力を有すること。
  6. 博士の学位を有すること、またはこれに準ずる業績、学識及び研究能力を有すること。
  7. 外国語による授業ができるなど、国際的な人材育成を可能にする語学力があることが望ましい。
  8. 本学への通勤可能な地域に居住すること。

10.提出書類

  1. 履歴書、教育・研究業績一覧(写真貼付、高校からの学歴・職歴、資格、競争的資金獲得状況、所属学会、公的社会活動、著書、学術論文など)。
  2. 主要学術論文、著書等(別刷り、コピー可)(5点以内)。
    各々に付き日本語400字以内での要約を付けてください。
  3. これまでの研究および社会貢献活動の概要(A4用紙1枚程度)と、本学採用後の研究および社会貢献等への抱負(A4用紙1枚程度)。
  4. これまでの教育活動の概要と本学採用後の教育活動の抱負(A4用紙1枚程度)。
  5. 本人についての照会が可能な方2名の氏名・所属・職位・連絡先。

11.応募締切

2022年8月31日(水)(必着)

12.選考方法

書類審査の後、採用候補者には面接(模擬講義を含む)。
面接の際の旅費は応募者負担。

13.書類提出先

〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1
日本女子大学 家政学部 被服学科中央研究室 
※提出書類は、封書に「被服学科専任教員応募書類在中」と朱書し、簡易書留またはレターパックにて郵送して下さい。書類の直接持参は受け付けません。

14.問合せ先

〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1
日本女子大学家政学部被服学科 学科長 横井孝志
TEL: 03-5981-3482
yokoit@fc.jwu.ac.jp
※問い合わせは原則としてE-mailでお願いいたします

15.その他

  1. 就任後は、禁煙など、本学の規程を遵守していただきます。
  2. 応募された書類は審査終了後返却しますので、書留用金額分の切手を貼った返信用封筒またはレターパックを同封してください。