メニュー

採用情報

入学課 Mさん(2016年入職/明治大学卒)

◆担当業務について
 入学課に所属し「入試広報」と「入試運営」2つの役割を担っています。「入試広報」では、高等学校に訪問し大学紹介を行うなど、本学の魅力を伝える仕事を行っています。

入学課(2016年度入職)

「入試運営」では、主に年明けに実施する大学入学共通テストと一般選抜を担当し、年度の初めから実施計画を立て、入試当日の運営から受験生が入学するまで、ミスの許されない非常にプレッシャーのある業務を一貫して行っています。

 大学進学は受験生にとって将来を左右する大きな選択の1つです。それが故に、受験生は大学への期待感と同じだけ不安感を持ちながら大学を選択していきます。その重要な決断に直接関わることが出来るということに責任感とやりがいを感じます。また、時には本学の相談にとどまらず、受験生の進路相談を受けることもありますが、結果として、その受験生が本学に入学し、在学生と職員という形で関わることが出来た時、本当に嬉しく思います。

◆なぜ大学職員を目指したか
 私の中で大学生活は、様々なことに興味を向けてチャレンジをし、最も成長を実感することができた時間でした。そのような大事な時間を提供する大学の運営に携わり、学生の成長を支援することが出来る仕事に魅力を感じ、大学職員を志望しました。

◆大学職員としてのキャリアについて
 現在は、主に受験生に関わる部署で業務を行っていますが、今後は様々な部署を経験して大学全体を理解し、将来的には、本学の改革の一旦を担う人材として活躍していきたいと考えています。

◆学生の皆さんへ
 大学の仕事は、皆さんがこれまでに過ごしてきた高校生活や大学生活での経験がそのまま活かせる仕事の1つです。また、そうした学生に近い皆さんの感覚や意見が、業務の改善につながることもあります。本学は年齢や性別に関わらず、仕事を任せてもらえる環境ですので、学生のために一生懸命考え、行動していける方と、より良い大学を目指して一緒に働いていけたら嬉しく思います。